GATTA(ガッタ) > Fashion > 秋のトレンド色を着こなす!大人のための「ベイクドカラー」コーデ5つ
fashion

秋のトレンド色を着こなす!大人のための「ベイクドカラー」コーデ5つ

2018.09.20 21:00

上品でシックな“ベイクドカラー”は、大人のコーデにほどよい甘さを加味させてくれます。秋の注目カラーといってもいいでしょう。

ここでは、そんな“ベイクドカラー”を使ったコーデプランをご提案します。

#コーディネート 記事もチェック!

 

「ベイクドカラー」とは?

“ベイクドカラー”とは、落ち着いたトーンのニュアンスカラーです。“くすみカラー”や“スモーキーカラー”ともいわれています。

秋冬は、春や夏とは違いビビッドなカラーは着こなしにくいもの。とはいえ、モノトーンな色味のコーディネートばかりでは味気ないですよね。

そこで活躍するのが、落ち着いた色味の“ベイクドカラー”なのです。

 

1:「グラデーション配色」でメリハリをつけて

カラーonカラーが苦手な人でも、簡単に楽しめるのが“グラデーション配色”です。

濃い色と淡い色を組み合わせると、メリハリが生まれてぼやけた印象にならず、こなれた着こなしが完成しますよ。

たとえば上の写真は、ワンピとバッグで濃淡のカラーを組み合わせています。ほどよいフェミニンさが演出できる“ダスティーピンク”や“スモーキーピンク”は、大人のマストカラーですよ。

こちらは、今シーズン大人気の“マスタードイエロー”。一気にトレンド感が高まりますよ。

 

2:まろやかさを添えてくれる「ベージュ」で女性らしく

カラーを大胆に取り入れても、マイルドな着こなしにまとまる“ベージュ”は、上品さも引き立つので大人の配色コーデにおすすめです。

“グリーン系”はどんな色とも相性がいいので、色コーデが苦手な人も扱いやすいでしょう。

 

3:ベイクドカラーを際立たせてくれる「黒、ネイビー」

大人の定番カラー“黒”や“ネイビー”を合わせることで、“ベイクドカラー”のもつ華やかさを引き出してくれます。

また、淡い色の“引き締めカラー”としも効果的で、スタイルアップが狙えます。

秋らしい“くすんだオレンジ系”は、この秋冬のトレンドカラーです。差し色としてマストな一色ですよ。

 

4:旬の「チェック柄」と組み合わせてトレンド感アップ

秋になると恋しくなるトラッドな“チェック柄”は、注目トレンドですよね。実はベイクドカラーと非常に相性がよいのが特徴です。

なかでもブルーは“知的さ”を演出できるので、オフィスコーデにも最適ですよ。

 

5:いつもの「デニムコーデ」をアップデート

お馴染みのデニムスタイルも、ベイクドカラーを加えるだけでコーデが一新。気分も高まります。

シンプルな“Tシャツ×デニム”も、カラーアウターで新鮮な表情に。

“Tシャツ×デニム”にワンピースの重ね着という、ツウな着こなしもおしゃれ上級者っぽくて素敵です。

レンガ色の“テラコッタ”や“ボルドー”などのくすんだ赤色系は、一気に秋っぽさを高めてくれますよ。

 

大人のカラー“ベイクドカラー(くすみカラー)”が、大活躍できる季節がやってきました。カラーコーデが苦手な人でも使いやすいカラートーンなので、ぜひトライしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 秋も使える「便利な夏服」ベスト3

夏→秋のおしゃれは「ちょい足し」でOK!

スタイルよく見える「ワンピース」着こなし

バスルームなら簡単!人気の「北欧風インテリア」取り入れ方のコツ3つ(PR)

【画像】
※DKSStyle、Mauro Del Signore、Ovidiu Hrubaru/Shutterstock