GATTA(ガッタ) > Interior > ズボラさんにおすすめ!時短&キレイが続く「トイレ掃除」テク3つ
interior

ズボラさんにおすすめ!時短&キレイが続く「トイレ掃除」テク3つ

2018.09.22 20:30

日々の生活で必ずしなければならない“掃除”。清潔できれいな家は気持ちがいいものですが、忙しい日々の中で面倒な存在であることには間違いありません。

そこで、ズボラさんでも簡単にできる掃除テクをご紹介します。今回は、トイレ編のテクニックをチェックしていきましょう。

#掃除 記事もチェック!

 

1:毎日のちょこっと掃除

トイレのような小さなスペースほど、毎日のちょこっと掃除が効果を発揮します。汚れをためてしまう前に、毎日のルーティンとしてトイレ掃除を上手に生活に組み込んでしまうことがポイントです。

例えば、朝、トイレに入ったついでに、就寝前についでに、というように、掃除のタイミングを決め、お手洗いに行ったついでにサッと済ませることが習慣になるようにします。そうすることで、掃除をしている感覚ではなくなり、無理なく続けられるようになります。

あくまでちょこっと掃除なので、時間にしたら1~2分で済ませるようにします。丁寧に掃除をがんばることより、毎日1~2分を続けることに意味があり、効果があるのです。

 

2:床に何も置かない

ついでに掃除を済ませるためには、 サッと掃除できる“仕様”にしておかなければなりません。そのために、トイレに置くものは最小限にし、床には極力ものを置かないようにしましょう。

物は棚に乗せるようにしたり、棚がない場合は、壁をうまく利用するのがおすすめ。つっぱり棒などを使って、その上に置いたり掛けられたりするようにします。

すっきりさせることで、床拭きもサッと済ませることができます。トイレマットやスリッパも、場合によっては置かない方が清潔を保てる場合もあります。

 

3:道具を使わない

掃除道具の衛生状態が気になるというのは、意外と多くの人が思っていることです。

そんなときには、使い捨てが活躍します。使い捨てにはコストがかかるイメージもありますが、手軽さを考慮すれば決して高いものではありません。掃除用ウエットシートはもちろんのこと、付け替え式の使い捨てのトイレブラシなどもありますので、上手に利用するのが効果的。

筆者は、毎日のちょこっと掃除の効果が現れてからは、トイレットペーパーにも使えるトイレ洗剤を使い、素手で掃除をするようになりました。これは、掃除が習慣化したことで、素手で掃除ができるまでにトイレの状態が保たれるようになったということ。

 

毎日のちょこっと掃除で、高い効果が得られることは間違いありません。面倒なトイレ掃除は、毎日の1~2分で済ませましょう。

【おすすめ記事】

※ すぐ使える「収納」テク大特集!

「インテリア見直し」3STEP

「トイレ」のインテリア改善テク3つ

バスルームなら簡単!人気の「北欧風インテリア」取り入れ方のコツ3つ(PR)