GATTA(ガッタ) > Bodymake > 食欲の秋の「いつの間にか太った」を回避セヨ!たった10回の美尻エクサ
食欲の秋の「いつの間にか太った」を回避せよ!たった10回の美尻エクサ
bodymake

食欲の秋の「いつの間にか太った」を回避セヨ!たった10回の美尻エクサ

2018.09.11 20:00

おいしいものが増える秋の時期。食欲も止まらない、誘惑の多い季節です。いつの間にか体型が崩れちゃった!なんて事件は起こしたくないですよね。

そこで今回は、お尻にフォーカスした“食欲の秋のエクササイズ”と、お尻と太ももの境目をなくさないための簡単エクササイズを、ヨガインストラクターである筆者がご紹介します。

#美尻 記事もチェック!

 

骨盤が後傾していると、お尻がペタンコに!?

お尻の形は、骨盤の位置が大きく影響するといわれています。たとえば、骨盤が後ろに倒れ、背中から腰が丸まってしまう姿勢や、お腹に力が入らずに、前へ突き出してバランスをとっているような姿勢は、要注意です。

そんな姿勢の方は、お尻がペタンコになりやすく、太ももとお尻の境目もなくなりがち。エクササイズで美尻を目指しましょう!

 

「お尻と太ももの境目づくり」を目指すエクササイズ

(1)仰向けに寝ます。

(2)両ひざを曲げ、足首を前後にクロスします(どちらが前でもOK)。ひざの間は軽く空けておきましょう。

(3)息を吸いながらお尻を持ち上げます。

(4)両ひざが開きすぎないように注意しながら、お尻と太ももの付け根に刺激を感じるかをたしかめます。

(5)お尻を床ギリギリまでゆっくりと下ろし、再び持ち上げていきます。

(7)ゆっくりと動きながら10回程度行いましょう。

(8)終えたら仰向けで休みます。

 

普段なかなか刺激しない部位なので、5回程度でだるくなったり、痛く感じたりする方もいるかもしれません。

しかし、だるくなったら、しっかり支えている証拠。まずは2週間続けてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ パンパン太ももは「日常の癖」が原因!?

「スポーツウェア」着こなしテク

寝る前1分「緩める骨盤ケア」ストレッチ

ふわっと香る素肌に!3段階に変化する香りを楽しむボタニカルボディソープ(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」