GATTA(ガッタ) > Hair > こんなはずじゃなかった…!美容院で「失敗しない」オーダーの仕方
hair

こんなはずじゃなかった…!美容院で「失敗しない」オーダーの仕方

2018.09.13 21:30

美容院で髪を切ってもらって「なんかイメージと違う……」「思っていた髪型とは程遠い……」「想像以上に短い……」などという思いをしたことはありませんか? もしかしたら、美容院で失敗したことがない人の方が少ないくらいかもしれません。

このような失敗は、美容師側の問題もありますが、オーダーの仕方次第で防げることも多いです。

今回は美容師の筆者が、美容院で失敗しないためのオーダーの仕方をご紹介していきます!

 

1:仕上がりのイメージ写真を持っていく

1番わかりやすいのは“イメージ写真”を持っていくことです!

美容師がお客様の髪の状態となりたいイメージ写真を目で見て確認できるので、失敗する確率がとても低くなります。

ただし、ヘアスタイルの写真のモデルさんと髪質や顔型が違う場合は、同じようにカットしても違う雰囲気になりやすいです。

なので、あくまでも髪の長さやヘアカラーの明るさの参考として持っていきましょう。

 

2:自分の好きなイメージ(理想)を伝える

イメチェンをしたくて美容院に行く方は多いと思います。

まだどんな感じにしたいか決まっていなくて、美容師さんに相談するときにおすすめなのが“自分の好きなイメージを伝える”こと。

可愛い雰囲気が好きなのか、カッコいい方が好きなのか、それとも大人っぽく見せたいのか、若見えを狙うのか。

好きなイメージによってヘアスタイルは、全く変わってきますよ。

 

3:髪やスタイリングの悩みを相談する

ヘアスタイルを大きく変える予定がない方は現状の“髪や普段のスタイリングの悩み”を相談するのがいいでしょう。

たとえば、“髪が広がる”“重たくなってきた”“髪がまとまらない”……など。

悩みを相談されると美容師側も解決策を考えやすく、ヘアスタイルを何パターンか提案してくれることが多いですよ。

 

初めて行く美容院は慎重に選ぶ!

オーダー以前に気を付けるポイントが、美容院選び。ヘアスタイルを失敗することが多いのは“初めて行く美容院”ではないでしょうか?

今まで何度も担当してくれた美容師さんなら失敗は少ないけど、雰囲気を変えたいときは美容院を変えるという方が多いです。

失敗をしないためには美容院よりも“美容師”で選ぶのが大切。

筆者のお客様にこれまでヘアスタイルを失敗した理由を聞いてみると、「クーポンサイトでたまたま見つけた美容院に行ってみたけど合わなかった!」ということが多いです。

今はSNS等で美容師がヘアスタイルを紹介していることが多いので、自分の好みに合った美容師を選ぶと失敗する確率は少なくなるはずです。

 

今や美容院ではなく美容師で選ぶ時代! あなたも気になる美容師を見つけて、今回ご紹介したオーダー法を試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

2018年最旬「ショートヘア」スタイル3つ

美容師直伝「ショートヘア」3つのメリット

「美容院帰りの髪」をキープする方法3つ

ノンシリコンだけじゃだめ!? 「子どもと一緒に使うシャンプー」で重視すべきポイントとは(PR)