GATTA(ガッタ) > Beauty > くすみも上手くカバー!透明感あふれる「儚げメイク」3ステップ
くすみも上手くカバー!透明感あふれる「儚げメイク」3ステップ
beauty

くすみも上手くカバー!透明感あふれる「儚げメイク」3ステップ

2018.09.15 21:00

透明感をまとった大人女性が圧倒的な魅力を放つもの。とはいえ、大人になると透明感を演出するのがなかなか難しくなりますよね。しかし実は、大人女性にしかない魅力を引き出すことで透明感あふれる顔に仕上げることができるんですよ。

というわけで今回は、大人女性にぜひとも挑戦してもらいたい、透明感ある“儚げメイク3STEP”をコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

#メイク 記事もチェック!

 

STEP1:くすみをプラスに変換!大人ピュアアイ

大人女性に多い悩み、それは時間の経過とともにくすんでしまう“目元”。そんなくすみやすい目元も、メイク次第では簡単に澄んだ瞳にシフトすることが可能なんです。

ポイントは、ピンクベージュなどのアイシャドウをセレクトすることで血色感をプラスさせること。ピンクベージュ系のアイシャドウは肌なじみもよく、時間の経過で目元がくすんできたときも悪目立ちせずに、ネガティブなくすみを“影”としてプラスに変換させることができるんです。

アイホール全体にのせていきますが、あくまでも“大胆に”、がポイント。目尻側はこめかみに向けてフェードアウトしていくような感覚で。涙袋にも同じカラーをのせていきます。

締め色となる、暗めのブラウンアイシャドウを上瞼のキワぎりぎりにON。アイラインのようにのせて、少しだけ長めにフェードアウトすると目幅を広く見せるうれしい効果も期待できます!

 

STEP2:儚さと透明感の演出は、肌の質感とチークがカギ

素肌っぽい肌の質感で透明感を、その素肌に溶け込むようなチークで甘さを演出。この2つが合わさることで儚さがぐんと増します。

ベースメイクは質感のコントラストをつくるのがポイント。肌全体をツヤツヤにしてしまう、もしくはマットに仕上げてしまうのではなく、ツヤとマットを使い分けることで、ナチュラルな仕上がりになります。

そしてチークは頬の中心、黒目の下からこめかみに向かってサイドに広げていきます。耳のギリギリのところまでしっかり広げ、頬に血色感を仕込んでおきましょう。

 

STEP3:リップはさりげなさを重視して

透明感や儚さは、ピュアなイメージを与えます。ハッと目を引くような鮮やかで主張の強いリップだと、インパクトや色気は演出してくれるものの、ピュアな印象からはかけ離れてしまいます。

ピンクベージュやコーラルベージュといった、ほんのり赤みを感じさせるベージュ系リップのセレクトをおすすめします。質感はグロスのようなツヤではなく、ほんのり濡れたようなツヤで湿度を感じさせるタイプにすると、さらに透明感を際立たせてくれますよ。

 

メイクはネガティブな部分を隠すのではなく、魅力を引き出すためのものです。ご紹介した方法なら、誰でも簡単に透明感を超える儚さを感じさせるメイクに仕上げることは可能。ぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 激推し!「リキッドアイシャドウ」3選

簡単すぎる「クマの隠し方」を試して

「左右バラバラの眉」を整えるコツ3つ

海外でも話題沸騰!美肌の秘密「ミセラーウォーター」って(PR)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」