GATTA(ガッタ) > Beauty > 化粧水は「手でつけるorコットンでつける」どっちが良いの?
beauty

化粧水は「手でつけるorコットンでつける」どっちが良いの?

2018.09.26 21:00

化粧水は、手でつける派とコットンでつける派に分かれると思います。みなさんはどちらですか?

実際にはどちらの方が肌に良いのか、効果的なのか……など、いざ考えてみると悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、要点を絞りながらそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介。より効果的に使える方法をチェックしていきましょう!

#スキンケア 記事もチェック!

 

手でつけるメリット・デメリット

まずは、“手でつける”メリットとデメリットについて。

化粧水を手でつけるメリット

“コットンよりもコスパが良い”“肌への刺激が少ない”などの点が挙げられます。

何かアイテムを買わなくても、化粧水さえあれば良いので手軽ですよね。摩擦が少ないので肌への刺激も少ないです。

化粧水を手でつけるデメリット

手でつけると、“ムラになりやすい”というデメリットがよく挙げられます。

しかし、テクスチャーが水のようにサラサラとしているものであれば、手のひらから垂れてしまうこともありますが、基本的に“規定量”をしっかり使用すれば多少のムラができるにせよさほど問題にはなりません。

 

コットンでつけるメリット・デメリット

続いて“コットン”を使う場合。

化粧水をコットンでつけるメリット

コットンは衛生的で、なおかつ化粧水がまんべんなく顔全体に伸びやすいというメリットがあります。

特にサラサラ系のテクスチャーは、コットンに含ませることで垂れることなく伸ばすことができます。

化粧水をコットンでつけるデメリット

最大のデメリットは“手でつける場合に比べてコスパが悪い”ということ。コットンに含ませて使う場合は、ヒタヒタの状態にしないと肌に摩擦が加わってしまうので、規定量の2~3倍の化粧水が必要になります。

加えて、コットンを購入しなければならないので、この点も手でつける場合に比べると費用がかさみますね。

使う場合にはコットンに均等に力が加わるように、写真のように挟み込んで使うのが基本です。

肌が敏感な方はコットンの摩擦が肌の負担になることもあるので注意が必要になります。

 

その日によって使い分けるのがおすすめ

筆者は基本的に手でつけています。コットンを使うのは時間がないとき。

コットンを使うことで肌への馴染みが早く傾向にあるので、メイクにすぐにうつることができます。

日常的にコットンは使用しませんが、あると便利なお助けアイテムとして常備しています。

化粧水をムラなくつけたいときはコットン、節約したいときは手、時短でメイクアップしたいときはコットン……と使い分けるのがよさそうですね。

 

化粧水を手でつけるかコットンでつけるかについては、意外と意見が分かれることも。ぜひ自分のスタイルに合ったつけ方を探してみてくださいね!

【おすすめ記事】

※ 「本当に落ちないアイライナー」3選

ダマにならない「マスカラ」の塗り方

肌の悩み別「コンシーラー」選び方&使い方

海外でも話題沸騰!美肌の秘密「ミセラーウォーター」って(PR)