GATTA(ガッタ) > Bodymake > エステティシャンが教える!年代別の「美脚を目指す」おすすめケア
bodymake

エステティシャンが教える!年代別の「美脚を目指す」おすすめケア

2018.09.06 21:30

いくつになっても「キレイですね」と言われたいし、褒められてうれしくない女性なんていないはず。

中でも他人の目線を集めやすい脚は、何かしらのケアをしたいところ。

筋肉量や生活習慣はもちろん、個々の体型によってもベストなケア方法は違いますが、年齢による体型の変化も見逃せないポイントです。

そこで今回は、エステティシャンの筆者が、年代別に美脚を目指すおすすめケアをご紹介します。

 

20代の「ヘルシー脚」には揉みほぐし

筋肉も脂肪もほどよくあり、ハリのある20代女性に多い脚。そんな20代のヘルシー脚におすすめのケアは、揉みほぐしです。

特に何もしていない、ミニスカートやショートパンツが多い、冷えも気にしないという人は、触ると肉質が硬い人が多いのですが、ほぐれていないといくらマッサージをしても意味がないことも。オイルやクリームを塗って揉みだしをし、まずは肉質を柔らかくすることを心がけましょう。

おすすめのほぐしポイントを3か所ご紹介します。

(1)アキレス腱の上

足首がスッキリすると美脚見えが叶うはず。硬くなりやすいアキレス腱の上はおすすめのほぐしポイントです。

(2)ひざ上

ひざの上にお肉がのっている人は、しっかり掴んで揉みほぐしてみて。

(3)太ももの外側

張り出しやすい太ももの外側は、グーでやや強めにほぐすのが簡単でおすすめです。

 

30代の「パンパン脚」には温活+むくみケア

筋力が低下したことに加え、生活習慣も重なって、むくみが気になる人が多い30代。足の冷えが気になる人が多く、夜になるとむくんで脚が痛いという話もよく耳にします。

そんな30代女性におすすめの美脚ケアは、温活+むくみケアです。

入浴や足浴のほか、冷やさない工夫をし、足先から脚の付け根に向かってむくみケアを行いましょう。

30代におススメの美脚ケアをご紹介します。

(1)そけい部、ひざ裏、足首の3点をしっかりほぐす

脚の巡りがよくなるように、中継点をしっかりほぐしておきましょう。脚の付け根、ひざ裏、足首の3点は重要なポイントです。

(2)足裏をほぐす

末端に溜まったものが流れやすくなるイメージで、足裏をしっかり流しましょう。お風呂の中や寝る前など、いつでもやってみて。

(3)足先から脚の付け根に向かうこと

足首から絞り上げるように流すのがむくみ脚にはおすすめ。着圧ソックスをイメージして絞ってみて。

忙しくてケアする時間がないという人には、指枕やセパレーター、着圧ソックスなどのグッズを取り入れるのもおすすめです。

 

40代の「柔らか脚」にはエクササイズ+リンパトリートメント

肉質が柔らかくなる40代の脚は、筋力をこれ以上落とさないことも大切です。エクササイズを取り入れたり、普段から歩くいたりすることを意識して、適度な筋肉を維持しましょう。

また、オイルやクリームを使ったリンパトリートメントが40代におすすめのケア。リラックスできる好きな香りのものを使って、足先から脚の付け根に向かって流しましょう。

肉質が柔らかくなるだけでなく、たるみや乾燥が気になる40代の脚は、保湿を欠かさないことが重要です。リンパトリートメントで巡りをよくし、ツヤのある若々しい脚を目指しましょう。

40代の美脚ケアポイント

(1)エクササイズを取り入れたり、歩くことを意識する

(2)保湿を欠かさない

(3)足先から脚の付け根に向かって流す

足先から少しずつのぼり、脚の付け根まで行いましょう。

 

見せたくなる美脚を目指して、ぜひ参考にしてくださいね。

【おすすめ記事】

1日たった5分でできる「美脚エクサ」とは

1分で「美脚」を目指す簡単ヨガストレッチ

「脚の付け根スッキリ」エクササイズ

ヨガインストラクターに聞いた、今日からできる「心地よい暮らし」のつくり方(PR)

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からだの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」