GATTA(ガッタ) > Hair > ペタンコだと老け見え!? これだけは避けたい「ショートヘア」NG特徴3つ
hair

ペタンコだと老け見え!? これだけは避けたい「ショートヘア」NG特徴3つ

2018.09.04 20:30

ショートヘアにしたときに、「おばさんっぽくなってしまった!」という苦い経験はありませんか?

美容師である筆者も、お客様から「ショートヘアっておしゃれだけど、老けて見えないか不安で……」という理由から、ショートヘアになかなか挑戦できないという声をよく聞きます。

そこで今回は、“老けて見えがちなショートヘアのNGポイント”を3つご紹介します。

#ショートヘア 記事もチェック!

 

NG1:髪が短すぎる

ショートヘアが老けて見える、もっとも大きな原因ともいえるのが、“髪が短すぎる”こと。

髪にボリュームを出そうとしてトップの髪を短く切りすぎると、髪が広がって老けて見えることがあります。

全体的に見ても、短すぎると“女性らしさ”が演出しづらくなり、予想以上にボーイッシュに見えたり老けて見えたりする可能性があります。

ショートヘアは、とにかく髪を短くすればよいわけではなく、一部分は長めに残しておくことも大切です。

 

NG2:メリハリがない

ショートヘアには“メリハリ”が必要です! メリハリのないショートヘアは野暮ったく、そして重たく見えます。

老けて見えないためにもメリハリのあるシルエットを目指しましょう。

理想は、後頭部に自然な丸みのあるシルエットです。上の写真では、後頭部の髪がペタンとしてしまっていますよね。

 

NG3:髪にツヤがない

ツヤのない髪も、ショートヘアが老けて見える大きな原因になります。

ツヤがない髪の毛はパサつきやすく、疲れて見えたり暗い印象になりがちです。日々のヘアケアをしっかりとしておきましょう。

 

ショートヘアは少しの違いで老けて見えたり、おしゃれに見えたりします!

髪を短くするときは、ショートヘアが得意な美容師さんにお願いするのが確実でしょう。また、骨格や髪質を診断してもらうのもおすすめです。

また、“ショートヘア”といってもさまざまですから、「こんな髪型がいい!」という写真などを持参すると失敗する確率がグンと低くなりますよ。

今回ご紹介したNGポイントに気を付けながら、ぜひみなさんもショートヘアにチャレンジしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

 切り過ぎた&伸ばしかけ前髪をごまかす方法

「アホ毛」を目立たなくするテクとは?

2018年最旬「大人ショートヘア」3つ

ノンシリコンだけじゃだめ!? 「子どもと一緒に使うシャンプー」で重視すべきポイントとは(PR)