GATTA(ガッタ) > Hair > 紫外線ダメージを残さない!パサつきが気になる髪の「正解ケア」とは
PR
hair

紫外線ダメージを残さない!パサつきが気になる髪の「正解ケア」とは

2018.09.14 19:30
出典: shuttersotck

厳しい暑さが続いた今年の夏。紫外線対策をしていても、やっぱり夏前より日焼けしてしまった人も多いのではないでしょうか。

特に髪! 肌の紫外線対策はしていても意外と見落としている人が多いもの。

この夏、あなたは髪の紫外線対策をしていましたか? 何もしていなかったのなら、かなりのダメージを受けているかも……。秋を迎える前に、夏に受けたダメージヘアはリセットして、美髪を取り戻したいですね。

そこで今回は、忙しい女性でも簡単にできるおすすめの“ヘアケア”をご紹介します。

 

秋のパサつく髪ケアはシャンプー選びがカギ!

髪のダメージがひどいとき、まず思い浮かぶのが“トリートメント”ではないでしょうか。でも、忙しい女性にとっては、ちょっと面倒だったり、毎日続けるのが負担だったりしませんか?

そんな人こそやってほしいのが、シャンプー選びの見直し。毎日のシャンプーでパサつく髪のケアができたら、時短にもなるし、使い続けるだけでヘアケアできるなら願ったり叶ったりですよね。

おすすめは、最近トレンドのナチュラル系シャンプー。だけど、ナチュラル系シャンプーは、夏の紫外線を受けたダメージヘアには頼りなさそうなイメージがあるのも事実……。

ナチュラル系シャンプーを選ぶならしっかりと機能性を重視して選びたいものです。

 

機能も香りも◎なナチュラル系シャンプーとは?

夏の紫外線ダメージが蓄積された髪もしっかりとケアしてくれるのが『ラックスプレミアムボタニフィークオータムセット&リラックスポンプペア』。

コールドプレス製法で抽出された、100%アンデス産ピュアオーガニックオイル*1と、季節限定配合のローズマリーエキス*2、カモミールエキス*2が、パサついた髪をダメージケア。旬の花のエッセンスでリラックスしながらダメージをリセットしてくれます。

出典: shutterstock ※イメージ

出典: shutterstock ※イメージ

また、シャンプーはノンシリコン、パラベンフリー、合成着色料フリー。ダメージを補修し、なめらかにまとまる髪へ導く『ダメージリペア』と、パサつく髪も潤い、さらさら指通りの良い髪へ導く『バランスピュア』の2種類から自分の髪悩みにあわせて選べます。

どちらも期間限定の秋限定のローズマリーとカモミールのリラックスできる香りなので、髪だけでなく心までリセット。髪を洗うのが楽しみになりそうですね。

 

今ならお試し価格で手に入る!

ナチュラル系のシャンプーでありながら、ただ優しいだけでなく、紫外線ダメージもしっかりできるのが“ボタニフィーク”から登場する秋限定の『ラックスプレミアムボタニフィークオータムセット&リラックスポンプペア』。ちょっとお高めに感じることもあるナチュラル系シャンプーですが、今ならお試し価格で試せます。

効果が気になっている人はこの機会にぜひ試してみて!

今ならボディソープがもらえるフォトコンテストも実施中。

夏の紫外線ダメージが蓄積された傷んだ髪は秋に持ち越さないよう、最新ナチュラルヘアケアで魅力的な美しい髪を取り戻しましょう。

*1 保湿成分:アンデスローズヒップオイル
*2 保湿成分

【参考】

秋のパサつく髪はボタニフィークでしっかりケア

【画像】

※ Nadya Korobkova、romantito、Madeleine Steinbach、Nikolaeva Galina / shutterstock

Sponsored by ユニリーバ・ジャパン株式会社
国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からだの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」