GATTA(ガッタ) > Leisure > 時差はたった1時間!バランスの良いリゾート都市・シドニーの楽しみ方
leisure

時差はたった1時間!バランスの良いリゾート都市・シドニーの楽しみ方

2017.06.21 20:00

“気候・治安の良さ、食事の美味しさ、大自然を満喫できるなど、何をとってもバランスが良い場所”というと、どんな都市を思い浮かべますか?

筆者が最近訪れた中で、真っ先に魅力が凝縮されている都市として思い浮かぶのが、シドニーです。

日本とは季節が反対の、オーストラリア。先日、日本の蒸し暑さから離れるように、秋から冬へ移り変わる頃、『ビビッド・シドニー』で街がカラフルにきらめく期間中に、オーストラリアのシドニーを訪れてきました。

 

世界遺産「シドニー・オペラハウス」のランチツアーがおすすめ

シドニー市内には、2007年に世界遺産に登録された、『シドニー・オペラハウス』があります。筆者は、『オペラバー』という開放的なテラスレストランでのランチがついた、日本語ガイドツアーに参加しました。

日本語ツアーのガイドさんによると、ヨットの帆が膨らんだような独創的で複雑なデザインは、実は支えとなる柱が一切なく、球体のパーツを組み合わせて造られている、驚きの構造!

出典:https://gatta-media.com

そして、ガラス張りの壁は傾斜をつけていることで、太陽の光の反射の影響を受けることなく、中から外の景色を美しく見ることができるのだとか。さらに、ガラスが割れて落ちないよう、2枚の特殊なガラスが組み合わさっている……という工夫がいっぱい!

出典:https://gatta-media.com

また、屋根には約106万枚ものスウェーデン製の陶製タイルが使われているのですが、実は光沢のある白色と光沢のない薄いクリーム色の2種類が組み合わされているので、天候や時間によって少しずつ見え方が変わります。

実は、このタイルは汚れが付きにくい特殊な加工がされていて、強い雨で汚れが流れ落ちるため、ほとんど定期的な清掃の必要がないとのこと。実際に触ってみましたが、掃除をした直後のようにキレイでつるつるしていました。

https://gatta-media.com
出典: GATTA(ガッタ)

内部は、世界最大規模のパイプオルガンを有するコンサートホールや、ドラマシアターなど、大小5つの会場に分かれています。

出典:https://gatta-media.com

オペラハウスの観光が終わったら、お待ちかねのランチ。ハーバーを一望できるテラスでのランチに、心地良さを感じるはずです。

出典:https://gatta-media.com

 

シドニーっ子も、観光客も満足できる「ボンダイビーチ」

シドニーは、少し郊外に出ると、オーストラリアならではの自然を存分に味わうことができます。例えば、市内中心部からアクセスしやすく、どなたにもおすすめできるのが、ボンダイビーチ。

出典:https://gatta-media.com

旅の楽しみの一つに、“食べ歩き”がありますが、シドニー中心部のお店でも行列ができていた、人気のアイスクリーム屋さん『Messina(ミッシーナ)』のアイスクリームショップがあります。

ダウンを着て、ビーチタウンでアイスクリームを食べ歩くのは、冬のシドニーならではですね(笑)。

出典:https://gatta-media.com

ビーチへの道を歩いていたとき、「わ~おしゃれなお店がある!」と立ち寄ったのが、オーストラリアの植物を使った、ナチュラルコスメや、ホーム、ペットアイテムを扱っている『BONDI WASH(ボンダイ・ウォッシュ)』のお店。

出典:https://gatta-media.com

タイミングよく、ファウンダーでCEOの女性Belinda Everingkamさんにお話を聞くことができました。ベリンダさんは、元シドニーやロンドンの『マッキンゼー』でコンサルタントとして働いていた、バリバリのキャリアウーマン。

今は地元のボンダイビーチに戻って、ナチュラルなライフスタイルを楽しまれている、働く女性の理想像とも言えるライフスタイルを体現されている方です。

出典:https://gatta-media.com

ボンダイビーチは、ローカル感がありながら、観光客も楽しめる雰囲気も持ち併せており、とても落ち着くビーチでした。冬でも日差しは強いので、カメラ好き女子が満喫できる、フォトジェニックな写真がたくさん撮れます。ウォールアートもたくさんありますよ!

出典:https://gatta-media.com

日本との時差が1時間、気候が良い、治安が良い、食事にくせがない、英語圏……と、シドニーは、今まであまり旅に出ていなかった方や、お子さん連れの方にも、自信を持っておすすめできる都市です。

 

日本の暑い夏に耐えられなくなったら、ぜひカラッと晴れた冬のシドニーへ出かけてみてはいかがでしょうか?

 

【旅のinfo】

カンタス航空

ニュー・サウス・ウェールズ州政府観光局

シドニー・オペラハウス