GATTA(ガッタ) > Bodymake > 毎日5分でOK!習慣にしたい「脚の付け根スッキリ」エクササイズ
毎日5分でOK!日常に取り入れられる、驚くほど脚の付け根スッキリエクササイズ
bodymake

毎日5分でOK!習慣にしたい「脚の付け根スッキリ」エクササイズ

2018.08.21 20:30

女性にとって股関節周りの柔軟性はとても大切です。ヨガでは、骨盤、子宮周りの血流、下半身の冷え、むくみをケアするときは必ずといっていいほど股関節周りにアプローチします。毎日お風呂上がりなどに習慣化できる簡単な方法を取り入れることで、脚の付け根がスッキリしやすいですよ。

そこで今回は、ヨガインストラクターである筆者も行っている、見た目にも内側からのケアにもバッチリの脚スッキリエクササイズをご紹介します。

#ダイエット 記事もチェック!

 

股関節周りは柔軟性プラス筋力を

股関節周りの柔軟性は、骨盤の歪みをケアするためにも大切ですが、股関節周りの筋力も同じくらい大切です。骨盤の安定、歩くときの脚の負担軽減を目指すためにも必要な筋力なのです。

1日5分、朝やお風呂上がり、テレビを見ながらでもいいので、柔軟性と筋力を養うための時間をつくってみましょう。簡単ですが、しっかり動かせて体全体も温まりやすいですよ。

 

股関節周りエクササイズ3パターン

パターン1

(1)床に座ります。伸ばした左脚付け根に、右足先を引き寄せて、左手で足先をつかみます。

(2)右腕はお尻の後方へ下ろし、体を支えます。

(3)脚の付け根から動かすように意識して、太ももを胸に引き寄せます。

(4)リズミカルに右脚を大きく振るように動かして、ひざが胸に毎回つくのを目指しましょう。

(5)脚の付け根の力を意識して20回を目安に動かしましょう。

(6)反対側も同様に行います。

パターン2

(1)右足先を左手でつかみ、脚の付け根に引き寄せたまま、右手は右ひざを抱えます。

(2)抱えた右脚付け根から右脚を大きく回すようにして内回り、外回りと10周ずつ回していきます。

(3)回すときは、足先は引き寄せたままで脚の付け根を動かすようにしていきましょう。

(4)反対側も同様に行います。

パターン3

(1)右脚を抱えます。

(2)抱えた脚を外側へスライドさせるようにして、脚の付け根を大きく開きます。

(3)お尻からしっかり開き、上半身ごと向きを変えるくらい大きく動かすイメージで行います。

(4)脚を元の位置に戻します。

(5)リズミカルに脚の付け根を開く動きを続け、15回程度行いましょう。

(6)反対側も同様に行います。

 

3パターンを終えると、軽く息が上がるかもしれません。軽く息が上がる程度の運動量がポイントです。寝る前に行えば、翌朝はスッキリ脚。習慣にしてみましょう!

【おすすめ記事】

※ 「むっちり脚」を招くNG習慣3つ

※ 痩せたい人のための「プランク祭り」!?

※ テレビを見ながらできる「舟のポーズ」

※ ヨガインストラクターに聞いた、今日からできる「心地よい暮らし」のつくり方(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」