GATTA(ガッタ) > Hair > 2018年のトレンド「セミウェットおくれ毛アレンジ」を簡単につくる方法
hair

2018年のトレンド「セミウェットおくれ毛アレンジ」を簡単につくる方法

2018.09.16 22:00

今年トレンドの簡単アレンジといえば、ポニーテールやハーフアップアレンジなど……さまざまありますが、どんなアレンジにも絶対にほしいのが“顔まわりのおくれ毛”。

髪をまとめたときに、顔まわりに毛の動きがあるとおしゃれで可愛く仕上がります。しかし見た目以上におくれ毛アレンジは難しいもの。

そこで今回は、美容師の筆者が、おくれ毛のつくり方とおくれ毛を使った簡単アレンジをご紹介します。

 

おくれ毛をつくるための下準備:ヘアカット

おくれ毛をつくるためには、顔まわりの毛を少し短くする必要があります。

「簡単かも!?」と思って自分で切ろうとする方がたまにいますが、絶対に美容院で切って。特に、セットやアレンジが得意な美容師さんにお願いすると失敗しづらいのでおすすめです。

その理由は、生え際やお顔のバランス、毛量など人それぞれ違うから。アレンジを普段からやっている美容師のほうが、その絶妙なバランスを生み出すことができるはずです。

 

おくれ毛のセット法

顔まわりのおくれ毛を、32mmか26mmのアイロン、もしくはストレートアイロンでウェーブになるようにスタイリングしましょう。

そのあと、洗い流さないタイプのオイルやウェットな質感になりやすいシアバターなどのスタイリング剤をつけてください。

お顔まわりがウェットな質感だと濡れている感じ+髪がキレイに見える効果が期待できます。さらにお顔のトーンも明るく見えるので本当におすすめです。

 

全体を仕上げてバランスよく

全体は縦巻きのウェーブでも横波のウェーブでも大丈夫です。

結んだ髪の毛の毛先に強いカール感があるととても可愛いので、結んだ後に毛先だけ巻きを足すとさらに素敵に。

巻き終えたら、お顔まわり同様に、洗い流さないタイプのオイルトリートメントやシアバターをミックスさせて毛先を中心になじませてください。

髪質やダメージの状態によっては、せっかく巻いたカールがダレる可能性もあるので、スタイリング剤をつけたうえから160〜180℃の温度で毛先を強めに巻き直してもOKです。

最後にポニーテールになるように髪をまとめたら完成!

 

簡単ポニーアレンジを覚えて、スタイリングを楽しみましょう!

【おすすめ記事】

美容師が教える「前髪スタイリング術」3つ

これだけは避けたい「ショートヘア」NG特徴

「美容院帰りの髪」をキープする方法3つ

ノンシリコンだけじゃダメ!? 本気でリピートしたい機能性シャンプーの実力がスゴイ(PR)