GATTA(ガッタ) > Beauty > 夏の暑さに負けない「つるんと毛穴レス美肌」はコスメでつくれる!?
beauty

夏の暑さに負けない「つるんと毛穴レス美肌」はコスメでつくれる!?

2017.06.20 20:00

毛穴のない美しい肌は、女性にとって永遠の憧れでしょう。しかし、暑くなるこれからのシーズン、どうしても毛穴は開きがちになります。そして、毛穴が目立つ肌は、あなたの美人度をぐっと下げてしまうことも。どんなにきれいなアイメイクやリップメイクも、肌のせいで台無しになってしまいます。

そこで今回は、まるで“毛穴レス”な美肌をつくる優秀コスメをご紹介。毎日のメイクを少しだけ見直して、過酷な夏でも美肌を手に入れませんか?

 

最大のポイントは朝の保湿にあり

毛穴の開きに悩む女性の多くが、隠すことばかりに気をとられがち。しかし、毛穴を小さくするためのケアをしなければ、事態は悪化する一方……。そこでぜひとも試してほしいのが、朝のスキンケアを丁寧に行うこと。なぜなら、毛穴が開く大きな原因は、肌の内側が乾燥していることにあるといわれているから。

とはいっても、忙しい朝にじっくりスキンケアをする余裕はなかなかありませんよね。そんなときにおすすめなのが、シートマスク。顔に貼ったまま他のことができるので、忙しい朝にぴったりです。

出典:https://gatta-media.com

・石澤研究所 『毛穴撫子 お米のマスク』(写真中央)

・クオリティファースト 『クイーンズプレミアムマスク 毛穴引き締めマスク』(写真右)

肌にしっかり密着して水分を補給してくれるシートマスクは、毛穴の引き締めにぴったり。上記のように、毛穴の引き締め効果があるものだとなおいいでしょう。

また、気合を入れたい日は、毛穴ケアができるマスクを使ってからシートマスクを貼るのがおすすめ。毛穴の汚れをしっかり落とせば、スキンケア効果もさらにアップが期待できます。

・ラッシュ 『フレッシュフェイスマスク 華麗なる饗宴』(写真左)

肌に塗って10分ほど放置し、しっかり洗い流せばケアは完了。毛穴の汚れだけでなくくすみもケアできて、肌が明るくなるはずです。

 

いつもの下地+毛穴カバー下地のW使い

スキンケアで肌を整えたら、いよいよメイクに入ります。毛穴レス美肌になるためにメイクで工夫すべきポイントは2つ。1つ目は、いつもの下地に毛穴カバー下地をプラスすることです。

Tゾーンや鼻周りの頬など、毛穴が目立つ部分には、毛穴カバー下地を使用しましょう。その他の部分は、普段使用している下地で仕上げてOK。毛穴カバー力の高い下地は、保湿力が弱いものが多いので、全顔に使うと乾燥してしまう可能性があるので注意。

出典:https://gatta-media.com

・エテュセ 『オイルブロックベース』

『エテュセ』の下地は、毛穴をカバーしてくれるだけでなく、皮脂もしっかりカバーしてくれる優れもの。薄く塗るだけで“フラット肌”になるはずです。サラサラな仕上がりで、後に塗るファンデーションのノリもバッチリです。

 

ファンデーションはリキッド一択!

“毛穴レス美肌”をつくるメイクのポイント、2つ目はリキッドファンデーションを使うことです。毛穴をしっかり埋めてくれるだけでなく、パウダリーに比べて保湿力が高いので、乾燥による毛穴開きも防げます。

中でも筆者がおすすめしたいのは、クッションファンデーション。肌にスタンプを押す感覚で手軽に塗ることができ、リキッドタイプに苦手意識がある方でも使いやすいはずです。お直しも簡単なので、これからのシーズンにもぴったりですよ。

出典:https://gatta-media.com

・ランコム 『ブラン エクスペール クッションコンパクト H』

『ランコム』のクッションファンデーションは、保湿力が高いのにベタつかず、崩れにくいのが魅力。やりすぎない自然なツヤ肌に仕上がります。

 

毛穴の目立たない肌を手に入れれば、顔の印象は大きく変わりますよ。少しの手間と工夫で、あなたも“毛穴レス美肌”を目指しませんか?

 

【関連記事】

※ これだけで差がつく!? 美肌さんがやっている夏の毛穴ケア

※ つやっとした透明感のある肌に。美容家が教える「肌の角質ケア」方法

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級、メイクアップアドバイザー検定保有。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」