GATTA(ガッタ) > society > 1,000~3,000円台で買える!東京駅の「センスのよい帰省土産」3選
1,000~3,000円代で買える!東京駅の「センスのよい帰省土産」3選
society

1,000~3,000円台で買える!東京駅の「センスのよい帰省土産」3選

2018.08.13 20:30

この夏は、故郷でゆっくり過ごす予定の人や、里帰り、ご挨拶を予定している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東京の玄関口である“東京駅”付近で購入できるハイセンスな“帰省土産”を厳選してご紹介します!

#手土産 記事もチェック!

 

1:必ず喜ばれる!中里の「揚最中」と「南蛮焼」【1,000円台】

明治6年創業の御菓子司『中里』は、目利きの食通たちが数多く通う名店です。

看板商品である『揚最中』、『南蛮焼』は、一度食べると忘れられない逸品。

上質な胡麻油で揚げられた『揚最中』は、塩の風味と餡の甘味の絡み合いが何ともいえないおいしさです。『南蛮焼』は、黒糖を使ったもっちりとした皮が特徴です。

まさに『中里』の御菓子は、“贈りたい、贈られたい、東京手みやげ”ですよ。

【問い合わせ先】
中里 大丸東京店 B1F
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京 B1F
電話:03-3212-8011(代表)

 

2:絶対に外さない!銀座ウエストの「リーフパイ」【2,000円台】

昭和22年の創業から銀座で店を構える老舗洋菓子店『銀座ウエスト』がつくる大人気の御菓子『リーフパイ』。

サックリとした食感と白ザラメ糖の歯ごたえが特徴で、何枚でも食べられそうなおいしさ。

大人から子どもまで誰もが夢中となるスイーツなので、お盆シーズンの帰省にはまさにぴったりの手土産といえるでしょう。

【問い合わせ先】
銀座ウエスト 大丸東京店 B1F
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京 B1F
電話:03-3212-8011(代表)

 

3:ご挨拶や里帰りに「TORAYA TOKYO」の限定ボックス【3,000円台】

東京駅の中にある『東京ステーションホテル』2階にオープンしている、とらやのコンセプトショップ『TORAYA TOKYO(トラヤ トウキョウ)』。

こちらの店では、定番の小倉羊羹が、東京駅丸の内駅舎をモチーフとした限定パッケージに。ギフトボックスは、東京駅舎の象徴といえる煉瓦色をイメージしています。

そんな東京駅らしいアイテムが入った、『TORAYA TOKYO限定ギフトボックス』は、ここぞというときのお土産に最適ですよ。

内容は、写真の左上から時計回りでに、“御代の春 紅・白”(各1個)、“TORAYA TOKYO限定パッケージ小形羊羹『夜の梅』”(4本)、“あずきとカカオのフォンダン”(S1個)、“あずきとカカオのガトー”(S1個)、“あんペースト[こしあん]スモール”(1個)。

【問い合わせ先】
TORAYA TOKYO
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル2階
電話:03-5220-2345

 

この夏、東京駅を利用する方や、帰省土産を買う時間がない!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 覚えておきたい!「ビジネスマナー」一覧

ビジネスメールで使いがちなNG敬語4つ

「全国ご当地お土産」3選【北海道・東北編】

去年はなんと4時間半待ち!? 毎年大人気の「Fruits in Tea」を待たずに飲む方法とは(PR)

【参考・画像提供元】
中里銀座ウエストTORAYA TOKYO