GATTA(ガッタ) > society > 今こそ知っておきたい、フェアトレードって何?
society

今こそ知っておきたい、フェアトレードって何?

2017.06.18 21:00

コーヒーショップやスーパーなどで『フェアトレード』という言葉を目にする機会も増えてきましたね。社会のためになる活動ということはなんとなく知っていても、一般的な貿易とどのような違いがあるのか詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもたちの未来のために知っておきたいフェアトレードについてご紹介します。

 

生産者や労働者、環境を守る運動

コーヒーや紅茶、チョコレート、さまざまなフルーツや野菜、海外の工場で作られている安価な商品など、海外からの輸入品は今や私たちの暮らしに今や欠かせないものとなっています。

ですが、そのような商品のために、労働者が不当に搾取されていたり、その土地や河川などで環境破壊が進んでいたりするとしたら、どのように感じますか?

フェアトレード運動は、そんな一般的な貿易の仕組みの中で守られることのない生産者や労働者を守る、もう一つの貿易の形として注目を集めるようになりました。

 

フェアトレード商品はどうやって選べばいい?

フェアトレード製品かどうかということはどのようにたしかめればいいのでしょうか。『国際フェアトレードラベル機構』が国際的な基準をクリアしていると認証した製品には、国際フェアトレード認証ラベルを商品に貼ることができます。

出典:http://www.fairtrade-jp.org

つまり、フェアトレード製品を見分けるためには、このマークが目印になるのです。

国際フェアトレード基準は次の通り。

(1) 生産者への適正な価格と長期的な取引

(2)生産者の社会的・経済的な発展

(3)生産物の品質と技術の向上

(4)生産者の労働環境と労働条件

(5)生産地の環境保全

 

フェアトレード商品はどこで買うことができる?

では、フェアトレード認証を受けている商品はどこで手に入れることができるのでしょうか。フェアトレードという言葉を初めて目にしたのは、『スターバックス』だったという方も少なくいないはず。筆者も実はそのひとりです。『スターバックス』では、毎月20日を『Ethically Connecting Day ~エシカルなコーヒーの日~』に定め、フェアトレードに関するさまざまな取り組みを行なっているそう。

また、世界中にボディケア商品を展開している『Fair Squared』は、商品に使われる原材料をフェアトレードで調達しています。フェアトレードを通して生産者の生活を保障することで、より品質の高い商品を生み出しているのです。

その他にも、濃厚なアイスクリームで人気の『ベン&ジェリーズ』やチョコレートが人気の『Chocolat Stella』など、スイーツを扱うフェアトレードブランドもあります。

 

味や品質だけでなく、その商品が生まれる環境や生産に携わる人々のことも考えながら商品を選ぶのが、これからの大人の嗜み。チョコレートやコーヒーなど手軽に変えるものから、あなたもフェアトレードを始めてみませんか?

【参考】

Fairtrade Label Japan

スターバックス コーヒー ジャパン

Fair Squared

ベン&ジェリーズ

Chocolat Stella

【画像】

※ Mr Doomits / shutterstock

  • URL
  • Instagram
フリーライター
ある人の書く文章に励まされるうちに自分も誰かの心の支えになれるような文章を書きたいと思うようになったことがきっかけで、2013年から女性向けコンテンツに関するライティングとリサーチ業務を行うフリーランスに。

From平山稀衣子・・・
「誰かの視線や気持ちを尊重するために自分の気持ちを抑えつけ専業主婦をした経験があります。「このまま好きなことができずに人生が終わるのは嫌だ!」と強く感じ、好きなことを始めました。それが、私にとっては文章を書くことでした。ありのままの自分を大切にすることで、人生が思わぬ方向へ進んでいきました。仕事や恋愛、結婚・出産など、女性は人生を大きく変える選択をしなければならない場面がたくさんありますが、どんな選択をするとしても、“自分らしさ”を忘れないで欲しいです。」