GATTA(ガッタ) > Beauty > 夏休みのおでかけに!持ち歩くコスメを最小限にする裏ワザ
夏休みのおでかけに!持ち歩くコスメを最小限にする裏ワザ
beauty

夏休みのおでかけに!持ち歩くコスメを最小限にする裏ワザ

2018.08.05 20:00

旅行のときに荷物が多いと、どっと疲れてしまいますよね。遠出するときは、できる限り荷物を減らしたいもの。

なかでも、意外とかさばりやすいのが“コスメ”。そこで今回は、コスメをコンパクトにまとめるコツをご紹介します。

#メイク 記事もチェック!

 

1:ベースメイク

MiMC『ミネラルリキッドリーファンデーション』

MiMC『ミネラルリキッドリーファンデーション』出典: GATTA(ガッタ)

ベースメイクは下地いらずで使える多機能型ファンデーションや、コンシーラーいらずのカバー力を持つものを選ぶとコンパクトになります。

おすすめはMiMC『ミネラルリキッドリーファンデーション』。下地いらずで使えてカバー力も高く、石鹸でオフできる優れものです。

他にも、化粧品を購入したときに貰える“試供品”も旅行にはもってこいです。一回分が小分けにされているので、重さもなくコンパクト。かばんの中でかさばることもありません。

 

2:リップ&チーク

チークとリップは、1つのアイテムにまとめてしまうのが理想的。

リップとしてもチークとしても使える“リップ&チーク”は店頭でも数多く販売されているので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

キャンメイク『ジューシーレディリキッドチーク』

キャンメイク『ジューシーレディリキッドチーク』出典: GATTA(ガッタ)

筆者の最近のおすすめは、キャンメイク『ジューシーレディリキッドチーク』。

高発色・高密着のリキッドで、チークとリップに使用できます。

 

3:アイブロウ

アイブロウは元々コンパクトなアイテムも多いので、いつもと同じものを持って行くのも良いでしょう。しかし「荷物をなるべく減らしたい!」という場合には、ブラウンの多色パレットがおすすめ。

チップで簡単に眉毛が書けます。多色パレットはアイシャドウにもアイブロウにも両方使えるので、一石二鳥の便利さです!

アイシャドウをアイブロウに使う裏ワザ

それではここで、アイシャドウをアイブロウに応用する裏ワザをご紹介します。

(1)眉毛が極端に少ない場合はペンシルで少し描き足しておきます。

(2)アイシャドウの中から自分の眉毛に合う色を選んで、眉の隙間を埋めるようにパウダーを乗せていきましょう。パウダーがつきすぎてしまったら、スクリューブラシでぼかすとよりキレイになります。

ラメが多いと眉がキラキラしてしまうので、ラメは控えめの方が向いています。写真はエクセル『スキニーリッチシャドウ SR01』。4色がコンパクトにまとまっていて便利ですよ。

 

4:アイシャドウ

アイブロウとアイシャドウを別で持っていく場合には、アイシャドウは“単色アイシャドウ”がおすすめです。色は、ブラウン系を選んでみましょう。

普段チップを使ってアイシャドウを塗っている方は、指で塗るのが難しそうに感じるかもしれません。しかし実はとっても簡単!

少量のアイシャドウを指につけ、まぶたのキワから上に向かって広げるだけで完成です。

単色アイシャドウの場合は、最初に(1)の範囲まで塗り、上から重ねるように(2)の範囲まで塗りましょう。こうすると、簡単にグラデーションのアイメイクに仕上がります。(1)と(2)の間に境目ができてしまったときは、アイシャドウのついていない指でぼかせばOKです。

 

荷物を減らせば減らすほど旅が身軽に。少しの知識と裏技があれば、簡単にアイテム数を減らすことができます。ぜひトライしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 夏に負けない「優秀スキンケアアイテム」3選

夏の「NGベースメイク」3つとは?

今すぐ見直したいNG「UVケア」4つ

夏のばっちりメイクもしっかりオフ!毛穴汚れをしっかり落として、毛穴の目立たない素肌へ(PR)