GATTA(ガッタ) > Leisure > 旅行のプロが教える!「旅の荷物を減らす」4つのポイント
旅行のプロが教える!「旅の荷物を減らす」4つのポイントとは
leisure

旅行のプロが教える!「旅の荷物を減らす」4つのポイント

2018.08.03 20:00

待ちに待った旅行。「あれもこれも!」と荷物が増えてしまいバッグが閉まらない……なんてことはありませんか?

というわけで今回は、旅行ライターの筆者が実践している“旅を身軽に楽しむための荷物の減らし方”をご紹介します!

#海外旅行 記事もチェック!

 

1:洋服は最低限に

「1枚余分に……」からはじまり、気づいたら何枚も洋服を詰めてカバンがパンパン。そして結局着なかった……なんて経験のある方も多いはず。

筆者は、洋服は“最低限”もしくは“宿泊日数よりも少ない枚数”を持参するようにしています。

旅先でのスケジュールがある程度決まっているのであれば、旅先のワードローブを全て決めてしまいます。事前に決めてしまえば余計な洋服を持っていくこともなければ、洋服選びに悩む時間も省けます。

また旅先では日本のセレクトショップで売られる質の良い洋服などが現地価格で手に入ることも! あえて少なく持っていくことで運命の出会いがあるかもしれませんよ。

 

2:スキンケアやメイクは小分けがマスト

旅先は普段と異なる環境下や偏った食生活からお肌のトラブルも起こりやすいので、いつも使用しているスキンケアを持参するようにしましょう。

しかし、そのまま持っていくと荷物が余分に増えてしまいますよね。そこで活躍するのが“トラベルセット”。普段使っているスキンケアグッズのトラベルセットがあれば持参しましょう。

もしない場合は、無印良品の小分けボトルがおススメ。少しの手間が身軽な旅を手伝ってくれます!

 

3:機内にはタブレット端末を持参

飛行機移動の場合も機内持ち込みバックは身軽にするのがおすすめ。しかし、飛行機での時間を有意義に過ごすために本やパソコン等を持ち込みたい方も多いかもしれません。

筆者は、飛行機で移動の場合はタブレット端末をひとつ持参するようにしています。読書をしたり、音楽を聞いたり、またNetflixなどで事前にダウンロードした映画やドラマを視聴。

タブレット端末がひとつあれば、本やウォークマン、パソコンの役割もしてくれるので、荷物をたくさん持ち込む必要がなくラクチンです。

 

4:旅先で借りられるもの、購入できるものを事前に確認

変換プラグや体温計などは、大抵のホテルであれば貸し出しサービスがあります。わざわざ購入したり、使うか分からないものを持参するより“借りる”という選択肢があるということを念頭にパッキングするのがおすすめ。

また、子連れ旅行の場合は、オムツや非常食 (離乳食)などで荷物が膨れ上がる傾向にありますよね。しかし消耗品は旅先で購入可能なものも多いので、事前にインターネットなどを活用して確認しておくと良いでしょう。

子連れ旅行はただでさえ大変なので、荷物は少なめを意識することをおすすめします!

 

荷物が多いと移動が大変。移動だけで疲れてしまう……なんて方もよく聞きます。ぜひ、パッキングの際は参考にしてみてくださいね!

【おすすめ記事】

※ シンガポールで発見!仰天リゾート施設とは

関東近郊「音楽フェス」情報【2018年最新版】

バリ島のお洒落エリア「スミニャック」

去年はなんと4時間半待ち!? 毎年大人気の「Fruits in Tea」を待たずに飲む方法とは(PR)

【画像】
※ photobyphotoboy/Shutterstock