GATTA(ガッタ) > Fashion > 使うのは4つのアイテムだけ!5泊6日の夏旅「着回しコーデ」術
fashion

使うのは4つのアイテムだけ!5泊6日の夏旅「着回しコーデ」術

2018.07.30 20:30
出典: shutterstock

夏休みに旅行を予定している方の多くが、「荷物は身軽に!コンパクトにしたい!」と考えているハズです。

そこで今回はそんな声に応え、5泊6日分の“賢い旅先ワードローブ”プランを考えました。もちろん宿泊日数に合わせてアレンジもできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

#コーディネート 記事もチェック!

 

移動日は、楽ちん「オールインワン」or「ワンピース」

1日目

旅行の初日は移動も多いので、楽ちんで動きやすく、1枚でサマになる“オールインワン”or“ワンピース”がおすすめです。旅先に合わせてどちらか一枚を選んでおくと、着回しコーデで役立ちますよ。

“リゾート旅行”を予定している人は、リラックス感もあり、リゾート映えもする“オールインワン”を。せっかくなので華やかなプリント柄を選ぶと、旅先で気分を上げてくれます。

“国内旅行”を予定している人は、海外のリゾート地よりも肌の露出や派手さは少し控えめにするとナチュラル。シンプルな“カラーワンピース”がマストです。ロング丈なら縦長効果もありますよ。

 

動き回る日は、Tシャツを使った「着回しコーデ」

2~3日目

2日目は、“Tシャツ”と“ひざ下丈のスカート”でつくる甘カジュアルスタイルで観光地をアクティブに巡ってみませんか。

こなれ感をアップさせたい場合は、“ロゴTシャツ”や“プリーツスカート”が効果的ですよ。

3日目は、初日に着ていた“オールインワン”or“ワンピース”の下に、この“Tシャツ”をインして重ね着を。少しスポーティーな印象にチェンジしますよ。

 

おしゃれが必要な日は「シャツワンピース」スタイルで

4日目

スタイリッシュに着こなすことができ、幾通りもおしゃれが楽しめる“シャツワンピ-ス”は、まずシンプルにワンピースとして。

写真のようなウエストマークができるワンピースなら、女性らしさときちんと感が兼ね備えているので上品なレストランでも安心です。また腰回りもすっきりとし細見え効果がありますよ。

 

ラフな装いでもOKな日は「デニムの着回しコーデ」

5~6日目

旅行へ行くならお気に入りの“デニム”を1本持っていくと重宝しますよ。例えば……

5日目は、2日目のTシャツと合わせてシンプルな“デニムカジュアル”で。

6日目は、前日の“デニム”スタイルに、4日目の“シャツワンピース”を羽織ります。体型カバーにもなる、うれしい“着回しコーデ”です。

 

ついつい旅行の荷物が重くなってしまうという方や、夏の旅支度に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ スタイルがよく見える!デニムの法則4つ

※ 周りと差がつく「洗練オフィスカジュアル」3つ

※ 「Teva」のポップアップストアが渋谷に登場

※ 夏のばっちりメイクもしっかりオフ!毛穴汚れをしっかり落として、毛穴の目立たない素肌へ(PR)

【画像】
※Tinseltown、catwalker、GIO_LE、Tinxi、mongione/Shutterstock