GATTA(ガッタ) > Hair > 髪のギシギシを防ぎたい!「海に行く前」にやっておきたい対策2つ
髪のギシギシを防ぎたい!「海水浴」前にやっておきたい対策2つ
hair

髪のギシギシを防ぎたい!「海に行く前」にやっておきたい対策2つ

2018.07.25 20:30

海の日も過ぎ、海水浴が楽しめる季節に入りましたね! しかし、海水浴をした後の髪はギシギシ、ベタベタ……。帰宅してからしっかりシャンプーをしても、「何だか髪が傷んでいる気がする……」という経験のある方も少なくないのでは?

そこで今回は、“海水浴をするときにしておくべきヘアケア”を美容師の筆者がご紹介します!

 

海水浴で髪が傷む原因は?

海水に含まれている成分、日光の紫外線、熱……これらは全て髪にダメージを与える原因となりうるものです。

なんと、“ヘアケアをせずに髪に海水を浴び、日差しの照るなかで海水浴を楽しんでいる時間=美容室でカラー剤を塗布をしてからの放置時間”ともいわれているのです。

それほどに髪へ大きなダメージを与えやすい海水浴。結構衝撃ですよね……。

では、どうすればそのダメージを受けにくくすることができるのでしょうか?

 

海水浴には「お団子ヘア」で行くべし!

お団子にできる方は、キツめにお団子ヘアをつくってください! ポイントは、髪をキツく結うこと。

そうすることで、お団子の中の髪が紫外線や熱に触れにくくなります。海水でギシギシすることはありますが、紫外線や熱によるダメージからは遠ざけることができますね。

お団子ヘアは、ロングヘアの方であればゴム一つでできます。お金もあまりかからない方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

髪用の「日焼け止めスプレー」を使うべし!

日焼け止めスプレーは、肌だけでなく“髪用”もあります。髪の表面にたっぷり噴射しましょう。まんべんなくつけるのがポイント!

UVカット系のヘアケア製品はお肌にも使えるものがほとんどなので、多少顔についても心配する必要はなし。前髪にもしっかりとつけてください。

太陽の日差しは髪にもお肌にも天敵なので、夏のあいだは日焼け止めスプレーを常備しておくことをおすすめします!

海水浴の場合は、お団子ヘアにしたあと日焼け止めスプレーをつけるのがベストでしょう。

 

欲をいえば、海水浴後に美容室に行きトリートメントをしてもらうのがベスト! 髪の傷みが気になる方は、ぜひお試しくださいね。

【おすすめ記事】

※ 顔型5タイプ別「似合う髪型とカラー」

この夏使える!ファッションアイテム3つ

テレビを見ながらできる二の腕ストレッチ

カリスマヘアメイク河北裕介が教える!3つの髪のお悩み別ヘアオイルの使い方とポイント(PR)