GATTA(ガッタ) > Leisure > 気分はスペイン!本場の料理&フラメンコショーが楽しめるレストラン
leisure

気分はスペイン!本場の料理&フラメンコショーが楽しめるレストラン

2017.06.13 21:00
出典:http://garlochi.net

スペインといえば、グラナダの『アルハンブラ宮殿』に闘牛、フラメンコ……etc.。憧れのスペインへ行きたいけれど、ヨーロッパは遠くなかなか実現できないという人におすすめしたいのが、新宿のど真ん中にあるフラメンコを観ながら食事ができるレストラン『タブラオ フラメンコ “ガルロチ”』。

 

カジュアルな雰囲気で本格フラメンコを楽しむ

スペインではこのように食事をしながらフラメコショーを楽しむレストランのことを“タブラオ”と呼び、観光客はもちろん、地元のフラメンコ愛好家たちで賑わう場所となっています。

出典:http://garlochi.net

昨年リニューアルオープンしたこの『タブラオ フラメンコ “ガルロチ”』では、月曜から土曜まで毎晩フラメンコショーを楽しむことができるのです。しかも、出演しているのは本場スペインから招聘した一流フラメンコアーティストたち! 日本にいながら、スペイントップクラスのフラメンコが観られるとは、なんとも贅沢な話。

出典:http://garlochi.net

“タブラオ”のよいところは、劇場で観るのとは異なりもっと臨場感にあふれたライブが体験できるところ。料理や飲み物を楽しみながら観るので、全体的にカジュアルな雰囲気なんです。舞台上と客席とが一緒になって盛り上がるフラメンコの醍醐味を体験するにもうってつけ。

出典:http://garlochi.net

小さな子どもを連れて劇場での舞台鑑賞には気がひけるという人でも、ずっと気が楽ですよ! バレエやダンスをたしなむ子どもたちが本場の一流芸術に触れる絶好の場ともいえます。

 

魅惑の「ガルロチ風スパニッシュ」に舌鼓

出典:http://garlochi.net

『ガルロチ』のお楽しみはお料理にもあります。スペイン料理とひとことで言ってもフランスとの国境寄りとマドリッドなどの北部、海岸線に続くバレンシア地方、そしてフラメンコ発祥の地であるアンダルシア地方など、土地によって様々な特色にあふれます。『ガルロチ』が提案するのは、進化を続けるスペイン料理の“今”と新鮮な日本の素材の魅力をたっぷりつめこんだ “ガルロチ風スパニッシュ”。盛り付けも美しく目でも美味しくいただけます。

出典:http://garlochi.net

女友達とのランチ会にもぴったりなお店なので、お料理を目当てにランチ利用(フラメンコショーはディナータイムのみとなります)という使い方もおすすめです。

出典:http://garlochi.net

 

親子で楽しむフラメンコ企画も

出典:http://garlochi.net

そんな『ガルロチ』で人気を呼んでいるのが、“親子で楽しむフラメンコ”企画。フラメンコショーは普段はディナータイムのみの開催ですが、ランチタイムに子どもと一緒に楽しめる企画です。力強く華麗なパフォーマンスを親子で一緒に体験することができます。

出典:http://garlochi.net

最後にはアーティストと一緒に子どもたちがフラメンコを踊るコーナーもあるので、子どもたちにとっても特別な体験となりそうです。ランチタイムとあってお値段のほうもお得な設定なのがうれしく、いつもよりちょっと豪華なランチを楽しみたいときにもぴったり。次回は7月9日(日)に開催予定なので、この機会にママ友をさそってフラメンコデビューなんていかがでしょう。

 

本場のフラメンコと美味しい料理が楽しめる『ガルロチ』。ぜひ一度訪れてみては。

【店舗情報】

タブラオ フラメンコ “ガルロチ”  TABLAO FLAMENCO GARLOCHI

住所:東京都新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館6F

電話:03-5361-6125

営業時間:11:00-22:30

フリーランス編集ライター
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノ全般、ロハスやインテリアネタなどを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

From小林繭・・・
「日本人って、ついついまわりの人やつくられた社会の枠組みを気にしすぎだと思うのでもっと自分自身の感覚に自由でよいのではないでしょうか。社会からはみ出ているように思えたとしても地球というサイズで見てみれば、ぜんぜんです。
“自分らしさ”という言葉にも必要以上にしばられないで。自分だって日々どんどん変わっていくもの。生きることは生きていくことでしか学べないので自分らしさに固定観念を持たず、そのときに自分が感じることを大切にしていって欲しいです。
そんな日々の毎日を楽しくするヒントを『GATTA』を通して発信していけたらと思っています。」