GATTA(ガッタ) > Beauty > 家にあるものでできる!「透明感」がアップする3つのメイクテク
beauty

家にあるものでできる!「透明感」がアップする3つのメイクテク

2018.07.17 21:00

ナチュラルメイクの人気が加速する今、メイクで“透明感”を演出することはもはや必須条件。いつも通りのメイクに少し工夫をするだけで、そんな“透明感”がぐっとアップしたらうれしいですよね。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、“あるものでできる”透明感メイクをご紹介します。

 

1:土台のうるおいが命

透明感あるベースメイクをつくるなら、お肌のうるおいが不足していてはダメ!  カサついた粉ふき肌や、ごわつきのある肌では、透明感とはかけ離れたメイクに仕上がってしまいます。

一方で、保水がしっかりされているお肌は、光が当たったときに、まるで水たまりが光に反射したようにツヤっと輝いて見えるもの。ベースメイクによる透明感は、肌内部の水分量と比例していると思ってください。

洗顔後、化粧水でしっかりお肌に水分を補いましょう。少量を何度も重ねづけし、肌がツヤっと光るまで繰り返します。その後、クリームでフタをして水分を閉じ込めます。

メイク前のスキンケアのポイントは、水分はしっかり&油分は適度に。メイクアイテムは油分が多く含まれている場合がほとんどなので、油分は最小限にとどめるシンプルなスキンケアがマストなのです。

 

2:ベースメイクはシンプルに

大人になるとカバーしたいところは、どうしてもファンデーションなどを重ねすぎてしまう傾向があります。

しかし、透明感あるメイクに仕上げるならそれはNG。必要なところだけを最小限のカバーにとどめることが大切です。

下地とリキッドファンデーション、あとは必要なところにのみコンシーラーをのせてなじませるのがおすすめ。このあとにパウダーファンデーションをお顔全体に広げるのは控えた方が良いでしょう。のせるならフェイスパウダーをサッとのせるくらいにとどめておいて。

 

3:ポイントメイクは肌なじみを重視して

鮮やかなカラーを使いつつ透明感あるメイクに仕上げるには、プロのようなメイクテクニックを要します。そこで誰でも簡単に透明感あるメイクに仕上げるポイントとして、アイメイクやリップなどのポイントメイクは肌なじみの良いカラーをセレクトするのがおすすめ。

初めて挑戦する方なら、目元は光沢感のあるベージュや薄いブラウンなどが使いやすいかもしれませんね。またリップもベージュやコーラル系をセレクトすると良いでしょう。ベージュリップに関しては、赤みがプラスされたものなどをチョイスすれば、顔色が悪く見えることを回避できますよ。

 

今回ご紹介したメイク術は、すぐにでもトライできるメイクテクニックばかり。みなさんもぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 「脚痩せ」を目指すヨガストレッチ

※ 「ゴム1本」でできる超簡単ヘアアレンジ

※ 誰でも美人になれる!? オルチャンメイクのつくり方

※ 彼と一緒に使いたい!軽やかで上質な香りのフレグランスボディソープ(PR)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」