GATTA(ガッタ) > Bodymake > まだ夏に間に合う!ヤセ癖をつけて「ほっそり内もも」を目指すヨガ
bodymake

まだ夏に間に合う!ヤセ癖をつけて「ほっそり内もも」を目指すヨガ

2018.07.12 20:00

あなたは電車に乗っているとき、椅子に座っているとき、ひざを閉じていますか? 「ひざを閉じておくのが辛い!」という方は、内ももにある“内転筋”が弱っているのかもしれません。

内転筋が弱ると、外ももが張ってきたり、お尻が下がって垂れ尻になったり、下腹が出やすくなったりと、スタイルの崩れにつながるだけでなく、代謝が下がって痩せづらい身体になってしまうといわれています。

本日ヨガインストラクターの筆者が紹介するのは、セツバンダアーサナと呼ばれる“橋のポーズ”です。

ご自身のその日の体調に合わせて、負荷を調節しながら行ってみましょう。

 

動画を見ながら…LET’S TRY!

ヨガは基本的に鼻から吸って鼻から吐く呼吸です。いつもより深い呼吸を意識してみてください。


(1)まずは脚に挟む道具を用意しましょう。

※ 今回ヨガブロックを用意しますが、小さいボールや、バスタオルを折って厚さをだすのもおすすめです。

(2)仰向けで寝て、ひざを立てましょう。両手を身体側に伸ばしたときに指が軽くかかとに触れるくらいお尻のほうに引き寄せてください。

(3)ひざの間に道具を挟みましょう。

(4)息を吸って、あごを軽く引きます。お腹を軽く締め、息を吐きながらお尻を天井に向かって上げて、高い位置でキープします。

(5)内ももとお尻を意識しながら、そこで呼吸を繰り返しましょう。(目安5呼吸)

(6)ゆっくりとポーズをほどきます。

(7)余裕がある方は、道具を外してもう一度行いましょう。そのときに片脚ずつあげて少しキープしてみましょう。

(8)道具を使わないと、ひざが外に逃げやすいので、しっかりと内ももを使って、ひざを正面に向けながら、そしてお尻が落ちないように行ってみてください。

 

ポーズをとるときのコツ

・いつもより深い呼吸を意識しましょう。

・肩や首周りの力を抜きましょう。

・頑張りすぎず、リラックスした状態でポーズをとりましょう。

・ひざが外に開かないように注意しましょう。

・足の裏と肩でしっかりとマットを押しながらポーズをとりましょう。

 

続けることで身体も心も少しずつ変化が訪れるでしょう。完ぺきなポーズを目指す必要はありません。

自分ができる範囲でチャレンジしてみてください。

【おすすめ記事】

浴衣に便利!「ダウンシニヨン」のつくり方

日焼けした日の「なかったことにスキンケア」

「パンパンふくらはぎ」をケアするマッサージ

エステティシャン直伝!毎日のクレンジングでできる簡単お家エステ(PR)