GATTA(ガッタ) > Leisure > 雲の上を歩く体験も!? 今年の夏は非日常を味わいに「雲海テラス」へ
leisure

雲の上を歩く体験も!? 今年の夏は非日常を味わいに「雲海テラス」へ

2018.07.09 21:30

今年の夏休みの予定はもう決まりましたか? 「もうそろそろ計画を立てようかな」と思っている方に向けて、夏旅行におすすめな、非日常な空間が広がるとっておきスポットをご紹介します。

 

壮大な風景に日常の疲れがイッキに吹っ飛ぶ!

夏休みの旅行先として人気の高い、北海道の『星野リゾート トマム』内にある『雲海テラス』。ここは、テラスの上から一面に広がる雲海を眺めることができるんです。

同リゾートホテルの風物詩にもなっていて、2006年のオープンから今年で13年。累計来場者数がなんと100万人を超える勢いだそう!

雲の上を歩いているような体験ができる『Could Walk』や、雲に浮かぶような感覚が楽しめる『Cloud Pool』など趣向を凝らした展望スポットが点在します。

自分が好きな場所から雲海を眺められるので、アクティブにすべての展望スポットをまわるのもいいし、併設されたカフェでコーヒーやココアを買って、朝焼けに染まる雲海を静かに楽しむというのもあり!

雲海を表現したドリンクはインスタ映えもバッチリです。

 

ミラクル!雲海の種類によって異なる絶景

雲海といっても種類があり、トマムでは大きくわけて3つの雲海を見ることができます。

滝のようなダイナミックな動きが楽しめる『太平洋産雲海』、山麓よりも山頂のほうが気温が高くなったときに見られる『トマム産雲海』、そして天気が悪い日に現れる『悪天候型雲海』。どの雲海と出会えるかはそのときの運次第。

ちなみに、雲海の発生確率はこれまでの統計からシーズンを通して40%。

初めて訪れてすんなり雲海に会える人もいれば、数回目のトライでようやく遭遇する人も……。

さまざまな気象条件が合わさって発生するものなので、1回で遭遇できればラッキーです。

雲海テラスへのアクセスはリゾートからゴンドラに乗って約13分。雲海が発生するのは明け方から早朝にかけてなので、上がりのゴンドラ運行時間は5時~7時(※ 季節によって異なります)となり、毎日その日の天候によって運行されるかどうか決められます。

ちなみにゴンドラが運行されれば雲海が見えるという意味ではないので、ご注意を。

すでに運よく雲海を見たという人も、行くたびに異なる感動と出会えるので何度でもトライしたい場所です。

 

雲海テラスの今シーズンの営業は10月15日までなので、「行きたい!」と思ったら今がチャンスです。今夏は雲海を見に出掛けてみませんか?

【おすすめ記事】

※ 「涼菓」の手土産5選!【洋スイーツ編】

母子2人でも楽しめる「バンコク」旅プラン

西表島に咲く幻の花「サガリバナ」

外に飛び出さなきゃもったいない!大切な人と夏を思いっきり楽しむ、おすすめアクティビティ3選(PR)

【参考】

※ 星野リゾート トマム

フリーランス編集ライター
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノ全般、ロハスやインテリアネタなどを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

From小林繭・・・
「日本人って、ついついまわりの人やつくられた社会の枠組みを気にしすぎだと思うのでもっと自分自身の感覚に自由でよいのではないでしょうか。社会からはみ出ているように思えたとしても地球というサイズで見てみれば、ぜんぜんです。
“自分らしさ”という言葉にも必要以上にしばられないで。自分だって日々どんどん変わっていくもの。生きることは生きていくことでしか学べないので自分らしさに固定観念を持たず、そのときに自分が感じることを大切にしていって欲しいです。
そんな日々の毎日を楽しくするヒントを『GATTA』を通して発信していけたらと思っています。」