GATTA(ガッタ) > society > あなたはいくつ知ってる?手土産や着席…覚えておくべき「客先マナー」
society

あなたはいくつ知ってる?手土産や着席…覚えておくべき「客先マナー」

2018.07.07 22:00
出典: shutterstock

ビジネスパーソンなら客先でのマナーにも気をつけたいところですが、はたしてどのようなマナーが存在しているのでしょうか? 実は、客席を訪問するときにも、着席の仕方や手土産の渡し方など、さまざまなルールが存在します。

そこで今回は、マナー講師の筆者が、訪問時の客席マナーを紹介します。

 

客席での手土産はどう渡す? 

出典: Shutterstock

客間に通されたら、まず洋室なら勧められた席か下座に座って待っています。

そして挨拶をするときに立ち上がり、挨拶の言葉を述べ、深くお辞儀をします。

ここまでが手土産を渡す前の段階です。

挨拶が終わったら座る前に手土産を渡します。注意しないといけないのは必ずふろしきや紙袋から出し、正面を相手に向けて両手で差し出すという点です。

なお、アイスクリームや生クリームのお菓子、生花などは玄関で渡します。

 

相手からのおもてなしはどう受けるべき? 

出典: Shutterstock

お茶などをすすめられたときはどうしたらいいでしょうか? 正解は、“熱いうちにいただく”です。

せっかく出していただいたお茶が冷めないようにいただくのもマナーの一つです。

なお「コーヒーと紅茶、どちらがよいですか?」と聞かれたときははっきりとどちらかを答えます。

「どちらでもかまいません」というのは相手を困らせてしまいますのでNGですよ。

またお茶といっしょにお菓子を勧められたら、お茶を一口飲んでからいただくようにしましょう。

ただし、抹茶の場合はお菓子が先ですから注意します。お茶をいただいて簡単な会話をしてから用件に入るのがベストです。

 

帰るときはどのようにする? 

これには順番があります。帰る旨を切り出すのは、必ず“訪問した側”です。

お茶のおかわりをすすめられたときや、一通り用件が済み話がいったん途切れたら「そろそろ……」と言ってタイミングを作ります。

もし引き留められても社交辞令と受け止め、長居は避けるようにしましょう。

 

帰り支度のマナー

スリッパなどに履き替えている場合は、玄関でもう一度簡単に挨拶をしてから靴に履き替えます。

軽く振り返って中腰になり、スリッパの向きを変えて上がり口の脇に置きます。

なお、冬はコートをもっていると思いますが、コートはドアを閉めたあと、玄関の外で着るのが正解。

でも先方から「ここでお召になってください」と言われたら、「失礼します」と断って玄関内で着てもかまいません。

 

訪問は会社間の信頼関係にも影響するので失礼のないようにしましょう。

去り際の印象は相手の心に残りやすいので、スマートに対応しましょうね。

【おすすめ記事】

※ 今日から使える!「ビジネスマナー」特集

※ 今すぐ見直したい!「言葉遣い」HOW TO

※ 「仕事」お役立ちコラム総まとめ

※ 周りに差をつける!プロから学ぶ「簡単なのに見違える」写真テク3つ(PR)

【参考文献】

※ 『早引き・図解 冠婚葬祭とマナー大事典―知りたいことがすぐ引ける』(編集 成美堂出版編集部) /  成美堂出版

※『ビジネスマナーの基本講座 第一印象からビジネスは始まる!』(監修 ANAラーニング) / 成美堂出版

【画像】

※ ArtFamily、 chatiyanon / shutterstock