GATTA(ガッタ) > Beauty > 一歩間違えるとテカり肌に!? 今夏トレンド「濡れツヤメイク」のつくり方
一歩間違えるとテカり肌に!? 今夏トレンドの「濡れツヤメイク」HOW TO
beauty

一歩間違えるとテカり肌に!? 今夏トレンド「濡れツヤメイク」のつくり方

2018.07.02 22:00

夏は皮脂も多くなり、テカりに悩む女性が増える季節。またトレンドの“濡れツヤ肌メイク”にチャレンジしたのに、テカって見えてしまう残念メイクになってしまった人も意外と多かったり……。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、“テカって見えるNGメイク”と“透明感ある正解メイク”の違いについて解説します。

 

テカって見える!「NGメイク」はこの2つ

まず初めに、“テカりメイク”になってしまう原因を探っていきましょう。

(1)重ねすぎはNG

普段のメイクで、下地の上にリキッドファンデーション、さらにはパウダーファンデーションを重ねた厚塗りメイクをしているという方。

しっかりカバーをしたつもりでも、それが残念ながらテカるメイクの原因です。基本的にメイクアイテムには油分が多いため、必要以上にベースメイクアイテムを重ねすぎてしまうことで、テカり肌の誘発につながります。

(2)広範囲のハイライトはNG

トレンドとして注目されている“濡れツヤ肌”。そのツヤを演出するため、欠かせないメイクアイテムが“ハイライト”ですよね。

とはいえ、ハイライトの使い方によっては、濡れツヤ肌ではなく“テカりメイク”になってしまう場合が。それは広範囲にのせること。

頬骨あたりの広い範囲や鼻筋、顎先などに、ぐるぐるとハイライトをのせるのは控えた方が良いでしょう。顔全体にツヤを出してメリハリをなくしてしまうと、ただテカっているだけの残念メイクに仕上がってしまいます。

 

透明感ある「正解メイク」のつくり方

テカって見えてしまう残念メイクのポイントを押さえ、次はそれを透明感ある正解メイクにシフトさせていきましょう。

(1)カバーは必要最小限が正解

下地をのせて、次にリキッドファンデーションをのせ、クマやくすみなどの気になる部分にだけコンシーラーでカバーをします。

最後にフェイスパウダーで仕上げるだけのシンプルメイクがマスト。フェイスパウダーはメイク崩れを防ぐ効果が期待できますので、リキッドファンデーションの上に重ねてもOKなアイテムです。またリキッドファンデーションではなく、パウダーファンデーションで仕上げたいという方は、仕上げにフェイスパウダーを重ねなくても良いでしょう。

(2)部分使いのハイライトが正解メイク

透明感を演出したいなら、広範囲にのせるのではなくハイライトはピンポイントでのせるのがマスト。

目頭、鼻頭、こめかみあたりと、基本的にくぼんでいる部分に点でのせてあげると、角度によって光を放つ自然で透明感ある肌に仕上がります。

 

「メイクをしてから時間が経つとどうしてもテカってしまう」と悩んでいる女性は少なくありません。

さらにせっかくトレンドを意識したメイクにトライするなら、皮脂が多く見える残念な仕上がりは避けたいですよね。ちょっとしたポイントを押さえるだけで、誰でも正解メイクにシフトすることは可能です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 「コテ&ストレートアイロン」の正しい使い方

※ 「美脚」を目指す股関節ストレッチ

※ 今すぐ直したい「NGメイク」3つ

※ エステティシャン直伝!毎日のクレンジングでできる簡単お家エステ(PR)

【画像】
※ Kaponia Aliaksei、Africa Studio/Shutterstock

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」