GATTA(ガッタ) > Beauty > テクニックは一切不要!ポーチにあるものだけでできる「デカ目メイク」
beauty

テクニックは一切不要!ポーチにあるものだけでできる「デカ目メイク」

2018.07.03 22:00
出典: shutterstock

シーズンごとのメイクトレンドは変わっても、目を大きく見せるメイクの人気は不動なもの。

なぜなら目元は印象を左右する、とても重要なパーツだから。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、ポーチのなかにあるものでできるデカ目メイクをご紹介します。

 

ブラウンシャドウでナチュラルに盛る!

「外国人のようなアイメイクにすれば、目を大きく見せられるハズ!」と勘違いしまっている人も少なくありません。

たしかに外国人のような目元に仕上げれば、大きく印象の強い目元になりますが、日本人とは骨格が違うため、メイクのテクニックが必要となってきます。

そこで、手軽にデカ目を狙うなら、ブラウンアイシャドウを使ったナチュラル盛りがおすすめ。

あまり目元全体を濃くしすぎず、黒目から目尻側にかけて少し幅を広げていきます。また、目尻側も囲まずあえて隙間をつくり抜け感を出すと、ナチュラルなのにかなり盛れますよ。

 

アイラインは囲み過ぎず、抜け感で盛る!

目を大きく見せたいと思うと、どうしてもアイラインでぐるりと一周する囲み目をやってしまいがち。

ですが、囲み目メイクは一歩間違えると、かえって目を小さく見せてしまい、逆効果になることもあるのでおすすめできません。

そこでアイラインのペンシルとリキッドを組み合わせたとっておきのアイラインのひき方をご紹介します。

ペンシルはインサイドラインの見えないラインでデカ目を狙う。そしてリキッドは横幅を大きく見せるための小技として活用する使い方です。

リキッドでひくアイラインは、目尻よりも少し長めにひくことで横幅を広くする役割なので、目頭からでなく目尻側だけにひいても大丈夫です。

 

まつ毛は目尻で盛る!

目を大きく見せるメイクで、アイシャドウ、アイライナーときたら、残すところはまつ毛ですよね。

まつ毛もデカ目を狙うなら、とても重要なパーツ。とはいえ、まつ毛を直角にあげてしまうのはダメ。目尻のまつ毛で盛りましょう!

また、目尻側のまつ毛をしっかり上げながらも流すのがポイント。

やり方はビューラーでまつ毛をカールさせるときも、目尻側のカールはしっかりめにしておきます。

そして目尻側のまつ毛にマスカラを塗るときに、少し外側に流しながらつけること。

持ち上げながら外側に流すだけなので、ビューラーとマスカラさえあれば誰でも簡単にできますよ。

 

どんなにトレンドが変化しても、女性が心を奪われてしまう大きな目。簡単でテクニックいらずなので、ぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 「コテ&ストレートアイロン」の正しい使い方

※ 「美脚」を目指す股関節ストレッチ

※ 今すぐ直したい「NGメイク」3つ

※ エステティシャン直伝!毎日のクレンジングでできる簡単お家エステ(PR)

【画像】
※ kitzcorner /Shutterstock

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」