GATTA(ガッタ) > Hair > 結婚式や二次会に!「お呼ばれドレス」に似合うセルフヘアアレンジ
結婚式のヘアアレンジ
hair

結婚式や二次会に!「お呼ばれドレス」に似合うセルフヘアアレンジ

2018.07.07 20:00

女性の方は結婚式や二次会パーティーにご招待されたとき、どんなヘアスタイルにするか悩む方が多いと思います。

パーティーを開催したり参加したり、という習慣があまりない日本人にとって、お呼ばれしたときの“パーティースタイル”は戸惑うもの。

そこで今回は、パーティーのときに便利なヘアアレンジ“ダウンシニヨン”をご紹介します。

 

「ダウンシニヨン」ってどんなスタイル?

“ダウンシニヨン”は、髪を首に近い位置でまとめてつくるスタイルです。ミディアム~ロングの髪の長さがあればできる万能スタイルです。

首元に近い場所にボリュームを出すスタイルは、大人っぽく品のある印象に見せることができますよ。

 

お呼ばれドレスはレース調のものが人気

最近のお呼ばれドレスでよく見かけるのが、レース調の装飾があしらわれたもの。

透けすぎたレースは結婚式や二次会ではNGですが、うっすらとお肌が見える程度であれば、より可憐なイメージを演出してくれます。普段とは違う雰囲気を出すのも、お呼ばれファッションの醍醐味です。

 

「ダウンシニヨン」のつくり方

それでは早速ダウンシニヨンに挑戦してみましょう!

(1)まずはハーフアップをするときのように髪を上下に分けましょう。頭の最も出っ張った部分からうなじの辺りにかけて、楕円形(だえんけい)を描くように髪を取ると良いですよ。髪を分けたら、上の髪束をゴムで縛ります。

(2)右サイドの毛束を取り、ねじりながら片編み込みをします。(1)の結び目に向かって編み込みをしていきましょう。左サイドも同じくねじりながら片編み込みをし、双方をゴムで縛ります。結んだ毛先を“くるりんぱ”して馴染ませます。

(3)襟足のあたりに残っている髪の毛を左右に分け、それぞれねじりながら真ん中で一つににします。(2)で結んだゴムの少し下あたりで結びましょう。そして、こちらも毛束を“くるりんぱ”しておきましょう。

(4)残った毛先を1つにして、三つ編みにします。毛先をゴムで縛りましょう。

(5)毛先を、(3)でつくったくるりんぱの中に入れてピンで固定します。毛先をくるりんぱの中に入れ込み、外から見えないようにするとよいでしょう。

(6)全体を程よく崩したら完成です。お好みで髪飾りをつけくださいね。

 

輪郭が気になる方は「後れ毛」をつくる

全ての髪の毛をまとめてしまうと顔の形がはっきりと見えてしまいます。顔の輪郭が気になる方は、顔まわりに“後れ毛”を残してカバーしましょう。

顔の輪郭がボケて気にならなくなります。後れ毛は、たくさん残す必要はありません。少量の髪で十分見た目の印象が変わりますよ。

 

今回ご紹介した“ダウンシニヨン”は、ドレスとの相性も抜群。お呼ばれヘアアレンジにぴったりでしょう。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 「抜け感」のあるポニーテールのつくり方

夏髪の「うねり・パサつき」の原因とヘアケア

自宅でのシャンプー&トリートメントの正しい方法

美容師が徹底レスキュー!「夏のパサつき髪」の正しい対策って(PR)