GATTA(ガッタ) > Fashion > この夏はハンサムに仕上げてみて。「花柄ワンピ」着こなしHOW TO
fashion

この夏はハンサムに仕上げてみて。「花柄ワンピ」着こなしHOW TO

2018.06.25 21:45

身にまとうだけで気分が晴れやかになる“花柄ワンピース”。しかし着こなしがマンネリ化していたり、バカンス仕様になってしまっていたりすることも。

そこで今回は、花柄ワンピースを普段のスタイルとして楽しむときの“海外セレブ流の着こなしテクニック”をご紹介します。キーポイントは、“小物で甘さの引き算”です!

 

1:選ぶべきは、1枚でさまになる「マキシ丈」のもの

まずは、選ぶべきワンピースの形について解説します。女心くすぐるフローラルを散りばめたワンピースは、フェミニンな要素が多い分、ガーリーになりがちです。

そんなときは上品な“マキシ丈”を選びましょう。たおやかさが生まれ、大人っぽくなりますよ。オンの日に使いたいワンピースは、素材をしっかりめのものにしたり、柄のパターンやデザインを落ち着いたものにしたりするとよいでしょう。

 

2:Sサイズバッグで着こなしを引き締める

先ほど、ワンピースのスタイリングは“小物で甘さを引き算”することがポイントとお伝えしました。

そんな引き算に役立つ小物1つ目は、“Sサイズのバッグ”です。小さいながらに着こなしのアクセント効果が高いため、一点投入するだけで、コーディネートの表情がガラリと変わります。

昨今、スモールサイズのバッグはトレンドだけあって種類が豊富に揃っています。「何を選んだらいいの?」という方は、まず黒のチェーンバッグから挑戦してみてください。

合わせやすいだけでなく、黒×チェーンの“上品さ”が大人にぴったりです。さらに一歩先をゆくおしゃれを目指すなら、個性派デザインのものをチョイスしてみると良いでしょう。

 

3:ほどよい甘さとこなれ感をつくるカジュアルな足もと

もう1つ注目したい小物は、“スニーカー”です。フローラル柄のようにとっても甘い印象を与えやすいワンピースは、足もとで着くずして“エフォートレスシック”に楽しむのが、セレブ流デイリースタイルです。

決めすぎないスタイリングでつくる絶妙なこなれ感がステキです。

特に、ハイカットスニーカーやレザーのスニーカーが、マキシ丈の花柄ワンピースと好相性です。

また、普段あまりスニーカーを履かないという方は、白やシルバーのスニーカーからトライしてみてください。清潔感や爽やかな抜け感を演出してくれるので、洗練された印象で魅力的ですよ。

 

4:定番「デニム」アイテムでアレンジを効かせると新鮮!

今までのスタイリングに、“デニムアイテム”を加えると新たな表情が生まれます。なかでも“デニムジャケット”と“スキニーデニム”がイチオシですよ。

紫外線や冷房対策にも欠かせない羽織りもの。カーディガンを羽織ることもよくありますが、花柄ワンピースには断然“デニムジャケット”が良いでしょう。色は、薄いブルー系やヴィンテージ系のものがスタイリングしやすいですよ。

さらに一歩抜きん出たおしゃれを楽しむなら、ゆるく着た“オーバーサイズ”のデニムジャケットがおすすめ。難易度は高めですが、モード感も加わってかっこいいですよ。

一方ジーンズは、薄いブルーや黒の“クロップドスキニー”が大人向けです。また、ジーンズの裾はロールアップしたり、切れっぱなしデザインのものをチョイスすることで、おしゃれ度がアップしますよ。

 

この夏は、ハンサムなムードをぴりっと効かせた花柄ワンピスタイルで、ぜひ街へお出かけしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 美容のプロが自腹買いしたコスメ3つ!

※ 髪色に合ったメイク、してる?

※ お疲れ気味のあなたに。キレイをアップデートしたい日はスパで朝美活(PR)

【画像】
※ FashionStock.com、dubroale、emka74、Africa Studio、Look Studio/Shutterstock