GATTA(ガッタ) > Bodymake > たった10秒、通勤中にもできる!「美脚」を目指す超簡単ケア
たった10秒、通勤中にもできる!「美脚」を目指す超簡単ケア
bodymake

たった10秒、通勤中にもできる!「美脚」を目指す超簡単ケア

2018.06.17 21:30

美脚には、エクササイズだけではなく普段の立ち方や歩き方が大きく影響します。つまり、立ち方や歩き方を変えることが美脚への近道であるともいえるでしょう。

そこでヨガインストラクターである筆者が、通勤中でもできる“〇〇するだけ美脚ケア”をご紹介します。

 

重心の位置、意識してる?

立っているときに、どこに体重をかけているのかを意識したことはありますか?

太ももの外側がパンパンに張っていたり、太ももの裏側のセルライトが気になったりしている方は、 骨盤の傾きが姿勢を悪くしているかもしれません。そのせいで立つとき、歩くときの重心が脚の外側へ寄ってしまい、脚に必要以上に負担をかけている可能性があります。

立ったり、歩いたりするたびに脚に負担をかけるような姿勢をしていると、それだけで脚のラインはゴツくなっていき、使われていないお尻や下腹部、太ももの後ろ側のたるみやぜい肉に悩まされることになりかねません。

 

お尻を使って立とう

脚のラインを整え、歩くたびに引き締まった脚をつくっていく方法があります。それは股関節の位置を意識しながら立つこと、そしてお尻を使うことを意識しながら立つこと。股関節が内側に入って内股気味の姿勢になっている方が多いですが、それは骨盤や脚の歪みの原因となります。

股関節が内側に入る立ち方をやめ、お尻の筋肉を使って下半身を整えて立ったり歩いたりすることができるようになると、下半身のラインが変化していくでしょう。

 

どこでもできる10秒美脚ケア

(1)両脚を閉じて立ちます。

(2)脚の付け根から脚全体を外旋させ、かかとをつけたまま両足先を外側へ向けましょう。

(3)両ひざを曲げ、骨盤を真っ直ぐに立てたまま、腰を下へ落としていきましょう。このときも、かかとはつけたままで行います。

(4)両ひざを伸ばしていき、(1)の姿勢に戻ります。お尻がキュッと引き締まっているのを確かめましょう。

(5)お尻と真っ直ぐに立てた骨盤を維持したまま、両足先を閉じ、かかとと指先を真っ直ぐに揃えましょう。

(6)ぎゅっと引き締めていたお尻の力を適度に抜き、脚の付け根とひざ裏の力も軽く緩めておきましょう。同時に骨盤が前へ倒れたり、後ろへ倒れたりせず真っ直ぐに保てるように、お尻の力やひざ裏の力を緩めるバランスを意識してください。

 

これなら毎回10秒。どこでも脚のラインを切り替えることができます。慣れてきたら、完成ポジションを維持したまま歩くようにしてみましょう。

普段の癖が邪魔をして、最初は違和感があるはずですが、自然と気にならなくなるまで毎日焦らず意識してみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 大人の女性におすすめ!プチプラコスメ3選

美容師直伝!「ぱっくり分け目」をなおすテク

お疲れ気味のあなたに。キレイをアップデートしたい日はスパで朝美活(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」