GATTA(ガッタ) > Beauty > 香りで印象は変わる?友達と会うときはリラックスできる香りを
beauty

香りで印象は変わる?友達と会うときはリラックスできる香りを

2017.05.31 06:00

普段から香水をつけるという人も、何もつけないけどシャンプーやボディクリームといったほのかに香るアイテムにはこだわっているという人もいるかもしれません。

香りは自分の気持ちをあげるという意味でも重要なものですが、一方で周りの人にも届くものでもあるのでTPOに合わせて使い分けたいところ。

そこで、大人の女性におすすめの香りをシーン別に、アロマセラピストでフランス式メディカルアロマのプロ講師の富田ゆかさんに教えていただきました。

第2回の今回は、友達と会うときにおすすめの香りをご紹介します。

 

リラックスできる香りで心を開く

富田さんおすすめの香りは、リトセア(メイチャン)、アルベンシスミント、ホーウッドの3種類をブレンドしたもの。

・リトセア(=メイチャン)・・・親しみやすいシトラスハーブの香り。

・アルベンシスミント・・・クリスタルな透明感あるミント。和の薄荷の香り。

・ホーウッド・・・ふんわり柔らかなフローラル調の香り。

「せっかくの気の置けない女友達と過ごすなら、お互いに心を開き、素直に共感しあえる爽やかなコミュニケーションが取れたら幸せです。

甘酸っぱいレモン風の香りでリラックス感を与えるリトセアと、クリスタルな清涼感が心地よいアルベンシスミント、ふんわり柔らかなフローラルが安心感と落ち着きをもたらすホーウッド。

これらのブレンドの香りは、女友達との時間をよりナチュラルでフレンドリーなものにしてくるでしょう。」

 

無性に惹かれる香りが存在する!?

また前回、香りによる印象は一瞬で決まるとご紹介しましたが、実はこれはその香りが記憶として存在していない場合の話なのだそう。

人は香りに対して受けた印象を記憶している場合があり、それが良い思い出のある香りであれば、たとえ誰もピンとこないようなものでも、その人にとっては無性に惹かれる香りになるということもあるんだとか。

気の置けない関係になる友達は、もしかしたらそのような無性に惹かれる香りをまとっているということもあるのかもしれませんね。

 

最終回である次回は、恋人と一緒にいるとき、もしくは気になる彼に会うときに使いたい香りをご紹介します。

【画像】

※ Still AB / shutterstock

【取材協力】

※ 富田ゆか・・・アロマセラピスト&フランス式メディカルアロマのプロ講師。東京渋谷・明治神宮の西側エリアで『Stillaアロマテラピースクール』(NARD JAPAN認定校)を主宰。