GATTA(ガッタ) > Hair > その髪型、結婚式・二次会にはNG!? マナー違反な「お呼ばれヘア」3選
hair

その髪型、結婚式・二次会にはNG!? マナー違反な「お呼ばれヘア」3選

2018.06.16 20:30

二次会や結婚式の嬉しいお誘いが増える時期。当日はどんなヘアスタイルが好ましいのでしょうか?

知らないうちにマナー違反な格好になってしまわないよう、改めて確認しましょう。

今回は、マナー講師の経験もあり、ブライダルモデルとして長年ブライダルの現場にいる筆者が、二次会や結婚式にふさわしくないNGヘアアレンジについて解説します。

 

NG1:どんなにサラサラ美髪でもダウンスタイルは避けよう

しっかり手入れの行き届いた美しい髪であっても、二次会や結婚式といったフォーマルな場面では、そのままの状態というのは避けるべきでしょう。美容院でアップヘアアレンジをしてもらったり、きちんと感の出るハーフアップスタイルが基本です。

最近は“くるりんぱ”を使うだけでオシャレなヘアアレンジを自分ですることもできるので、その場所に似合う髪型を心がけましょう。

長い時間その髪型で過ごすので、せっかくまとめた髪がポロポロ崩れてしまわないよう、いつもよりしっかりめにスプレーやワックスを使ってまとめておくと良いですよ。フォーマルな場所での身だしなみには、清潔感を忘れずに。

 

NG2:派手すぎるヘアアレンジ

美容院でヘアアレンジをしてもらうとき、気合いが入りすぎて、主役を置き去りにしそうな派手なヘアアレンジはNGです。あくまで主役は花嫁であって、自分ではないことをお忘れなく。花嫁より目立たず、かつ清潔感が出るようなヘアアレンジが好ましいでしょう。

最近のトレンドのヘアアレンジなど、気になるヘアスタイルの画像を美容師さんに見せて相談すると良いですよ。自分でヘアアレンジをする場合は、動画などを見てやると簡単にできるでしょう。スプレーでラメをふりかけるようなアイテムもありますが、やりすぎには要注意ですよ。

 

NG3:花嫁と被りそうなヘアアクセサリー

二次会や結婚式において主役は花嫁なので、被りそうなヘアアクセサリーはマナー上NGです。花嫁をイメージさせるような白を基調としたアクセサリーや、花モチーフのヘアアクセサリーなどは避けましょう。

他にも、最近人気の傾向にあるファーのアイテムは、花嫁自身が好んで身に纏うならば良いですが、ゲストが身につけるのはNGです。ファーや毛皮といったアイテムは殺生を連想させ、縁起が悪いと考えられているので避けましょう。

どんなにお気に入りのヘアアクセサリーでも、TPOに合っていない場合は失礼になってしまうこともあるので気をつけましょうね。

 

花嫁の幸せを一緒にお祝いする1日は、清潔感のあるヘアスタイルで参加したいですね。どんなに楽しいひと時でも、TPOに合う格好を忘れないようにしましょう。

【おすすめ記事】

※ 今日から使える!「ビジネスマナー」特集

※ 「仕事」お役立ちコラム総まとめ

※ 周りに差をつける!プロから学ぶ「簡単なのに見違える」写真テク3つ(PR)

【参考文献】

※ 成美堂出版編集部(編)『早引き・図解 冠婚葬祭とマナー大事典―知りたいことがすぐ引ける』成美堂出版

【画像】

※ Sofia Zhuravetc、Zoomstudio、Neyman Kseniya、Cristian Zamfir/Shutterstock