GATTA(ガッタ) > Hair > 湿気に負けない!梅雨のお悩み「髪のひろがり」を抑えるヘアアレンジ
梅雨の時期は、せっかくのヘアスタイルもすぐひろがって憂鬱ですよね。そんなときは、広がらないヘアアレンジで解決!
hair

湿気に負けない!梅雨のお悩み「髪のひろがり」を抑えるヘアアレンジ

2018.06.12 20:30

ジメジメ湿気のいや〜な梅雨には、さまざまな髪の悩みはつきないもの……。特に、せっかくセットした髪がひろがってしまうことも多々ありますよね。

梅雨の時期を乗り切るには、どのように髪を扱うのが良いでしょうか?

今回はヘアメイクやファッションスタイリストとして活躍している江口宗一郎さんに、梅雨の季節にぴったりな髪のひろがりを抑えるヘアアレンジをお伺いしました。

 

梅雨の時期に髪がひろがりやすくなってしまうのはなぜ?

「髪のダメージが大きな原因のひとつです。髪の毛には元々、水分調節機能が備わっていて、その水分調節機能の役割を担っているのがキューティクルです。

ダメージを受けた髪の毛は、キューティクルが剥がれたり、乱れたりすることによって髪の内部の水分調節がうまくいかず、空気中の水分を必要以上に取り込んでしまいます。髪の毛が一本一本が太くなることでひろがりを招くんですよ」と説明する江口さん。

特に湿気の多い梅雨の時期になると、ダメージを受けている髪では水分調節が思うようにいかず、ひろがりやすくなってしまうんですね。

それでは江口さんがおすすめする、梅雨の季節にぴったりな髪のひろがりを抑えるヘアアレンジご紹介しましょう!

 

梅雨の時期におすすめ!髪のひろがりを抑えるヘアアレンジ

(1)髪全体にウェット系のスタイリング剤をしっかり馴染ませましょう。この下準備だけで広がりを抑えることができ、仕上がりもトレンドのウェットな質感に近づきますよ。

(2)ここからポニーテールを作っていきます。このとき、鼻の真後ろあたりに結び目が来るようにすると、ちょうど良いこなれ感の出る高さになりますよ。

(3)ポニーテールの毛束を、細いゴムを使ってまとめます。ざっくり結び毛を引き出すと、簡単にポニーテールアレンジの完成です。毛束もゴムで細かく結ぶことにより、時間が経っても広がりを押さえることができます。

江口さんによると「ボリュームを抑えるアレンジのときは、ヘアアクセを組み合わせるとバランスがとりやすくなるのでおすすめ」とのこと。

 

毎年、湿気が気になる梅雨には、ひろがる髪に悩まされていた方も多いのではないでしょうか? ジメジメした気候が続くうえ、ますます暑くなる梅雨には、髪のひろがりを抑えるヘアアレンジで、スマートに乗り切りましょう。

【おすすめ記事】

※ 年齢や輪郭は関係なし!「チークの入れ方」

※ 目指せ「下半身痩せ」!簡単ストレッチ

※ 美容師が徹底レスキュー!「夏のパサつき髪」の正しい対策って(PR)

【取材協力】

江口 宗一郎・・・美容師。ヘアメイク・ファッションスタイリスト。