GATTA(ガッタ) > Beauty > あなたは太眉?薄眉?タイプ別「美眉」メイクのコツ
あなたは太眉?薄眉?タイプ別「アイブロウ」メイクのコツ
beauty

あなたは太眉?薄眉?タイプ別「美眉」メイクのコツ

2018.06.13 21:30

みなさんは自分の眉毛が好きですか?

毛量が多くて野暮ったい印象になってしまったり、逆に毛量が少なくてのっぺりした印象になってしまったりと、顔の印象を左右するアイブロウメイクは、悩みも多いはず。

そこで今回は、美容ライターである筆者が“コンプレックスをカバーするアイブロウメイク”をご紹介しましょう。

 

1:毛量の多いぼさぼさ太眉

毛量が多いお手入れをしていない眉毛は、野暮ったい印象になってしまいがちですよね。しかし、眉毛をキレイにカットするのが面倒くさいと感じている方もいるでしょう。

眉カットをせずに太眉のコンプレックスを解消するには、その特徴を活かすメイクテクニックがおすすめです。特に最近は、ナチュラル感のある眉毛が人気なんですよ。

まず初めに、コームで眉毛の毛流れを整えてあげましょう。何もしないままメイクをしてしまうと、眉毛があっちこっちに散らばってしまい、余計モサモサとした状態になってしまっていることも多いです。

毛流れを整えることができたら、アイブロウマスカラの出番です。もともと毛量の多い太眉の場合は、アイブロウマスカラで、眉毛の色を髪色にあわせるだけで垢抜ける印象になりますよ。このとき、眉頭のあたりだけ逆毛をたてるようにマスカラを塗ると、立体的な眉毛になるので試してみてくださいね。

 

2:毛がうす〜い薄眉

目元の印象をアップしたい場合は、眉毛の毛量が少ない方であれば“アイブロウパウダー”を活用する方法がおすすめ

出典:tomos / PIXTA(ピクスタ)

太眉と違い、毛量の少ない薄眉の場合は、立体感のない眉毛が顔全体をのっぺりとした印象にしてしまいがち。

顔にメリハリをつけたいときや、目元の印象をアップしたい場合は、眉毛の毛量が少ない方であれば“アイブロウパウダー”を活用する方法がおすすめです。眉毛の上からなぞっていくようにパウダーをのせることで、自然とふんわりボリュームアップしたような印象に仕上げることができます。

また、眉毛に少しオレンジ色のパウダーをのせると、顔がパッと華やかに。薄眉のままだと、どこか頼りない顔立ちになってしまいがちですが、しっかりとしたアイブロウが活気に満ちたポジティブな雰囲気にしてくれるでしょう。

 

3:眉毛の横幅が短い

毛量はそこそこあるので、しっかりしているはずなのに、なぜかバランスが悪く感じるのは、眉毛の横幅に関係しているかも?

横幅が短い場合、顔のパーツが真ん中に寄ってしまっているようなバランスになってしまいがち。アイブロウペンシルを使って、眉尻の長さをいつもより少し長めにかいてみましょう。眉毛の長さが変わるだけで、印象が変わるはず。

 

眉毛の形や毛量は人それぞれ個性があります。一概に、アイブロウのメイクはこれ!と決めつけてしまうより、自分に似合う眉メイクを見つけるために試行錯誤することも大切です!

【おすすめ記事】

※ すれ違いざまにふわっと香るシャンプー3選

※ 梅雨にハネる「ボブ」の簡単スタイリング術

※ お疲れ気味のあなたに。キレイをアップデートしたい日はスパで朝美活(PR)

【画像】

※ Look Studio/Shutterstock

※ tomos / PIXTA(ピクスタ)