GATTA(ガッタ) > Bodymake > 脂肪を溜めたくない!「外食の後ろめたさ」を一瞬で解消するストレッチ
食べ過ぎ・高カロリーな食事の罪悪感を軽くするストレッチのご紹介です。
bodymake

脂肪を溜めたくない!「外食の後ろめたさ」を一瞬で解消するストレッチ

2018.06.09 20:00

忙しくて家事の余裕がないときは、外食することもありますよね。そんなときは、たまにする贅沢だからと、つい栄養バランスが偏った料理や、高カロリーなメニューばかりの体に良くない食事をしてしまって、食後に罪悪感を覚えることありませんか?

食べすぎちゃった……そんな罪悪感も、脂肪をためないように前もって体を動かしておけば、だいぶ薄れますよ。今回はヨガインストラクターである筆者が、食事のバランスが崩れる時期に取り組んでいるケアストレッチをご紹介します。

 

普段動かさない部分を動かして、代謝UPを狙おう

ダイエットに停滞期があるように、エクササイズや筋トレをし続けても、体が慣れてしまい効果が半減することもあります。そんな時期はエクササイズを三日に一度にしたり、同じ動きばかりせずに、刺激の仕方を変えたりしてトレーニングするのをおすすめしています。

外食続きでカロリーを摂りすぎた時期は、普段伸ばさない部位を動かして、筋肉を刺激することで燃焼しやすい体をキープしておきましょう。

また体側を伸ばすことにより、胃腸の調子を整えておくことも大切です。姿勢の悪さも改善できて、すっきりしますよ。

 

食後の後ろめたさ解消ストレッチ

(1)床に座ります。両ひざを曲げ足先を右方向へ向けます。

(2)左手を右脚へ、右手を後頭部へおきましょう。

(3)息を吐きながら、右体側を伸ばすように上半身を左へ傾けていきます。

(4)体を倒したまま、右ひじを頭の先へ伸ばしていきましょう。

(5)体側をストレッチしたまま、10呼吸程度キープします。

(6)同じ動作を3回行い、反対側も同様に行います。

 

このストレッチは食後にするのがおすすめですが、食後すぐには行わず、30分〜1時間程度はあけましょう。急に行うと気分が悪くなる可能性があるので、無理をしないで自分のペースでチャレンジしてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 避けたい「NG老けメイク」と対処法

※ 美容師秘伝!5分でできるヘアアレンジ

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」