GATTA(ガッタ) > Beauty > コンプレックスを魅力に!一重&奥二重さん向けアイメイク術
コンプレックスを魅力に変える!一重&奥二重さんのとっておきメイク術
beauty

コンプレックスを魅力に!一重&奥二重さん向けアイメイク術

2018.06.12 21:30

くっきりした二重と比べて、一重や奥二重はコンプレックスを感じてしまう方が多いですよね。けれどメイクによって、印象的な目元をつくることはできます。コンプレックスを魅力に変えることだって不可能ではありません。

そこで今回は一重、奥二重を魅力的な目元に変身させる“コンプレックスをカバーするメイク”をコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

アイシャドウはブラウンをセレクト

アイシャドウはブラウンをセレクト

出典:AlikeYou/Shutterstock

強調しすぎることで、かえって目を小さく見せてしまうことになりかねないアイメイク。そこでよりナチュラルに目元を主張するメイクがおすすめ!

一重さんと奥二重さんは、まずアイホールに明るめの肌なじみの良いベージュ系のアイシャドウをのせます。あまりパールやラメ感のあるものは、腫れぼったくみせてしまうこともあるので注意が必要です。

そのあと薄めのブラウンカラーで、少し陰影をつくりましょう。

 

まつげはナチュラルカールに

まつげは自然なカールにして、目尻側に流すのがおすすめ

出典:Vladimir Gjorgiev/Shutterstock

一重や奥二重の目元は、少し瞼が重く感じられる印象ですよね。そんな特徴がある目元に、直角に持ち上げたまつげはおすすめできません。まつげを直角に上げてしまうと、かえって瞼が腫れぼったく強調されてしまうことになるからです。

そこでまつげは自然なカールにして、目尻側に流すのがおすすめ。サイドに流すことで、瞼を腫れぼったく見えることを回避し、目幅を大きく見せる効果が期待できます。ここまでは、一重さんも奥二重さんも同じですが、次はそれぞれの特徴に合わせたアイメイクをご紹介していきますね。

 

「一重さん」アイライン

ブラウンのペンシルアイライナーで、切れ長な目元を演出してみてください。正面から見るとブラウンのアイライナーが、黒目あたりから目尻にかけて少し見えるくらいに太めにひいても大丈夫です。

とはいえ、囲み目はかえって目を小さく見せるのでNG。下側はアイライナーをひかない、もしくは目尻から黒目の外側くらいまでにとどめましょう。

 

「奥二重さん」のアイライン

まずはブラウンのペンシルアイライナーで、インサイドラインをひいていきます。しっかりまつげとまつげの間を埋めることで、目を大きく見せることにつながります。

次に、まぶたにのせるアイライナーは細く、そして目尻は少したれ目気味にひきましょう。二重の主張に加え、優しい印象を与えてくれる効果に期待がもてますよ。

 

誰もがもっているコンプレックスは、逆にいえばあなたらしい魅力のひとつ。その魅力をメイクによって上手に生かすことにより、チャームポイントにすることだって可能です。

【おすすめ記事】

※ すれ違いざまにふわっと香るシャンプー3選

※ 梅雨にハネる「ボブ」の簡単スタイリング術

※ お疲れ気味のあなたに。キレイをアップデートしたい日はスパで朝美活(PR)

【画像】

※ stockfour、AlikeYou、Vladimir Gjorgiev/Shutterstock

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」