GATTA(ガッタ) > Interior > 収納の可能性が驚くほど広がる!「ステンレスポール」活用術
収納の可能性が驚くほど広がる!「ステンレスポール」活用術
interior

収納の可能性が驚くほど広がる!「ステンレスポール」活用術

2018.06.08 21:30

“突っ張り棒”は、今や100円ショップでも手に入ることもあり、収納への活用方法をよく見かけます。しかし実は、ホームセンターでよく販売されている“ステンレスポール”も、実は隠れた収納の名品なのをご存じでしょうか?

今までよりもさらに取りやすく、さらに収納しやすく、さらに無駄なく……これまでの収納をワンランクアップしてくれるステンレスポールの使い方があるんです。

そこで今回は、そんな“ステンレスポール”を使った収納技をご紹介します。

 

「扉裏」に取り付ければ、使いたい物が取り出しやすくなる

我が家の収納例では、おなじみのように登場する扉裏収納。ここでは、必ずといっていいほど“ステンレスポール”が大活躍しています。

特に毎日使う掃除道具は、スムーズに取り出しやすく収納するだけで、掃除自体のハードルを下げてくれるものです。ふと気がついた汚れなども、扉を開ければすぐに掃除道具があると思うと気軽に掃除できますね。

実際、筆者の家では、どんなにきちんと収納しても、この扉裏の収納の取り出しやすさにはかないませんでした。

こちらは、ステンレスポールを2本使ってそこに“ごみ袋”を掛けておき、取り出しやすくした例です。大きなごみ袋なので、ケースなどに入れて収納するよりもステンレスポールに掛けておいた方が、ワンアクションでスッと取れて便利です。

 

奥行きのある棚の奥にあるものを取り出しやすく

奥行きがあるゆえに、奥にあるものを取り出すために手前のものをいったんどかして……と物が取り出しにくいスペースがあるなら。ここでも“ステンレスポール”が活躍するでしょう。

扉裏につけたポールに収納ケースをぶら下げて、棚の手前にあったものはここに収納。こうすれば、扉を開ければ奥の物がすぐ取れるようになります。奥行きのある収納を、開ければ別れるように2分割してしまったというわけです。

 

天井につけたり、棒を短くしたり…応用は自由自在

この“ステンレスポール”、ビスで簡単に固定できますが小さなビスなので、しっかりした下地になるような場所に固定するのがおすすめ。今回ご紹介した“扉の裏側”などは、とても取り付けしやすく簡単に設置できます。

また棚板などの下部分を使って天井付けにすれば、ふきんなどを引っ掛ける便利なスペースが作れます。

そしてこの“ステンレスポール”は、金物をカットしてくれるホームセンターならば、好きな長さにカットをしてもらうことも可能。両端にエンド金具をつけて好みの長さで取り付けられます。

また逆に、連結するパーツもあるので、好みの長さまで長く伸ばして使うこともできますよ。

短くカットしたポールにコーヒーフィルターを引っ掛けておく……なんて使い方もできちゃいます。

 

このように、ポール自体に引っ掛けたり、または金具やボックスをぶら下げて使ったり、応用すればするほど収納力がアップする“ステンレスポール”。

ホームセンターで見つけたら、ぜひ手にとって活用していただきたいパーツNo.1としておすすめします!

【おすすめ記事】

※ 今日から使える!「収納術」総まとめ

「掃除」がラクになる役立ちコラム

悩める梅雨時のニオイを簡単に解消!ブラシいらずの「夢の掃除用洗剤」(PR)