GATTA(ガッタ) > Beauty > 必須アイテムは3つ!メイク上手さんがポーチに入れる「お直しコスメ」
必須アイテムは3つ!メイク上手さんがポーチに入れる「お直しコスメ」
beauty

必須アイテムは3つ!メイク上手さんがポーチに入れる「お直しコスメ」

2018.06.17 22:00

外出先でメイク直しをするときに、必要と思うアイテムを入れているとポーチがパンパン! 女性らしい小さめバッグには、もはや入らないかも……。

とはいえ、メイク直しに必須となるアイテムがどれなのか、判断はちょっと難しいですよね。そこで今回はポーチの中身の整理テクについて、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

1:多機能性アイテムがおすすめ

夕方からの予定がある日、できるだけメイクも完璧に直したいですよね。そうなるとアイシャドウやチークなど、ポイントメイクに必要なアイテムはポーチに忍ばせておきたいもの。

そこでおすすめなのが、1つでアイシャドウやチーク、さらにはリップにまで使える多機能性のあるアイテム。

最近はワントーンのメイクがトレンドとされています。そのため、「ポイントメイクのアイテムが1つだけでは心もとない……」という心配は無用といえるでしょう。さらにポーチの整理をも担ってくれるので、ぜひ多機能性アイテムを活用してみてくださいね。

 

2:必須のカバーアイテムはどうする?

そして、ほとんどの女性が化粧ポーチに入れているものといえば、ファンデーション。肌のカバーをするアイテムとして代表的なものですよね。

しかし大人女性の肌をカバーするアイテムとして、ファンデーションよりも外せないのが“コンシーラー”です。夕方になると気になりだす“くすみ”などは、ファンデーションだけでカバーするのは難しいもの。コンシーラーでカバーするのが安心です。

とはいえ、「ファンデーションも持っていたい!」という方も多いはず。そこでおすすめなのが“CCクリーム”です。BBクリームの方がカバー力はありますが、トーン補正と保湿効果が期待できるのがCCクリーム。つまり、夕方のお肌特有のくすみがちで乾燥しているお肌には、CCクリームの方が適しているといえるのです。

 

3:ハイライトはスティックタイプに限る

お直しメイクでは、お疲れ顔をなかったことにしたいもの。カバーアイテムにプラスして、ツヤ感を演出できるものもポーチに忍ばせておきましょう。

おすすめは、リキッドやオイルなどのスティックタイプのハイライト。ポーチの中でも場所をとらず、さらには夕方特有の粉っぽくなりがちな肌を、あえてリキッドやオイルタイプにすることで、粉っぽさをカバーしてくれますよ。

 

化粧ポーチに忍ばせるアイテムは、メイク直しに必要なものを中心にセレクトしていくのがおすすめ。

今は便利な多機能性メイクアイテムもたくさん出てきています。たとえばそういった便利なアイテムをひとつ忍ばせるだけで、持ち歩きアイテムを減らすことができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ プロ直伝!「脚やせ」を目指すストレッチ

簡単なのにこなれる!ねじり三つ編みアレンジ

大人肌の悩みにアプローチ!毛穴&角質ケアできるボタニカルアイテムって?(PR)

【画像】

※ Becky Starsmore、Dean Drobot/Shutterstock

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」