GATTA(ガッタ) > Beauty > 目の下が真っ黒!梅雨に起こりがちな「2大メイク崩れ」と対策法
beauty

目の下が真っ黒!梅雨に起こりがちな「2大メイク崩れ」と対策法

2018.06.05 22:00
出典: Shutterstock

いよいよ梅雨到来! 湿気が多く、ジメジメ蒸し暑いこの時期の悩みといえば、メイク崩れ。

「出掛ける前にばっちりメイクをしたのに、外に出ると汗と湿気でメイクがだいなしに……」、なんてあるあるですよね。

そこで今回は、梅雨に起こりやすいメイク崩れと対策方法をご紹介します。

 

目の下が真っ黒

時間の経過とともにもっとも崩れやすいのが、アイメイク。

とくに気になるのが、アイラインが目の下に“クマ”のようにくっついてしまう状態です。

梅雨になった途端、急にアイメイクが崩れやすくなったように感じるのは、湿気をおびたジメジメとした暑さが関係しています。

アイラインのタイプによっては、暑さや湿気に弱く、化粧崩れしやすいものも……。また、汗をかくことで、アイラインがよれてしまっている可能性もあるでしょう。

今まで使っていたからといってあぐらをかかず、“ウォータープルーフタイプ”といった汗でも落ちにくいものなど試してみましょう。

 

アイブロウがとれてマロ眉

アイラインと同じく、初夏にとれやすいパーツメイクといえば、アイブロウでしょう。

気がつけば、アイブロウがほとんど消えて「マロ眉になってしまっていた……」、なんてことも?

汗に強いウォータープルーフタイプもおすすめですが、いつものアイブロウメイクの上から塗れる、“アイブロウコート”もよいですよ。

海やプールなどレジャーシーンで活躍するアイテムですが、夏場は汗をかきやすいからと、普段使いで取り入れている方も多いようです。

 

梅雨はいつもよりメイクが崩れやすくなっています。「私は大丈夫なはず」と油断していると、ある日突然、メイク崩れに驚くかも!? そうならないように、はやめに対策を考えておきましょうね。

【おすすめ記事】

※ 「スッキリ脚やせ」を目指すストレッチ!

※ 「パーマがとれる」NG習慣&長持ちテク

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)

【画像】

※ Golubovy / Shutterstock