GATTA(ガッタ) > Beauty > 夏でもこんなに使える!美容賢者が実践しているオイル美容
beauty

夏でもこんなに使える!美容賢者が実践しているオイル美容

2017.05.27 21:00
出典:https://www.shutterstock.com

数年前から人気の“オイル美容”、あなたは取り入れていますか?

エステティシャンである筆者はオイルを使った施術を長年してきているので、プライベートでもかなり活用してきたのですが、アラフォーになって肌の変化を感じた今こそ、大活躍している美容アイテムです。

最近、肌の乾燥が気になる、ごわついてきた気がする、今までのスキンケアの浸透が悪くなった気がする……。

こんなお悩みを感じている人は、一度オイル美容を試してみてはいかがでしょう。オイル美容の良いところは、使用用途が多いこと。そこで今回は、筆者が実践して良かったオイル美容活用法をご紹介します。

 

油は油で!肌汚れを優しく落とせます

化粧水がぐんぐん浸透する感じ、最近感じなくなっていませんか? もしかしたらお肌がごわついて、浸透しづらくなっているのかもしれません。オイルで柔らかくしてあげましょう。

●メイク落としに

筆者はフェイシャルエステも施術するのですが、メイク落としは特別な洗顔料ではなくオイルで行っています。

たっぷりのオイルを顔全体に塗って、中指と薬指で優しく円を描いて落としてみてください。ポイントメイクをオイルで落とすのは時間がかかるので、ポイントメイクリムーバーを使ってもいいと思います。

こするのではなく、メイクを浮かすようにするのがポイント。“油は油で落とす”といわれるように、化粧品に含まれる油分や皮脂を優しく取り除き、必要以上の潤いを奪いません。お肌の調子が悪いときにもオススメの優しいクレンジングです。

●毛穴ケアに

通常のクレンジングをした後に、オイルで優しくマッサージをすれば、毛穴に詰まった汚れを優しく取り除く毛穴ケアにも使えます。蒸しタオルやスチーマーで毛穴を開いた後に行うと、手にザラザラした粒を感じることも。

こちらもエステのフェイシャルで行っていて、この後に吸引を行うのですが、オイルでなじませるだけでもかなり毛穴汚れがとれますよ。

●洗顔料に+α

肌の乾燥が気になったら、泡立てた洗顔料にオイルを数滴入れてみて。洗い上がりの肌がつっぱるようなら、肌の潤いまでとってしまっているのかもしれません。オイルを加えることで、しっとり優しい洗い上がりに。

 

1本あればマルチにスキンケア

●ブースター導入として

最近なんだかスキンケアの浸透が悪い気がする……という人にオススメなのが、ブースターとしてオイルを投入すること。

肌が柔らかくなることで、その後のスキンケアの浸透が良くなるといわれています。ポイントは、オイルをつけすぎないこと。膜を張り過ぎても浸透しづらくなってしまうので、2~3滴を手のひらで伸ばして塗ってみて。超乾燥肌の筆者がお気に入りの方法です。

●美容液として

化粧水を塗った後の美容液としてオイルを使っても。数滴を手のひらでよくなじませてから、薄い膜を張るつもりで塗ってみてください。乾燥が気になるときに、手持ちのスキンケアを混ぜて使っても◎です。

 

艶やかボディはお手入れ次第!

40代、50代の女性でも、保湿をきちんとされている方のお肌は光が当たると反射するかのごとく艶やかです。触りたくなる肌を目指したいですね。

●入浴中にマッサージ

“お風呂上りにオイルでマッサージ”はもはや当たり前。入浴中のオイルマッサージにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

湯船でしっかり体を温め、肌が柔らかくなったらオイルを塗布。そのまま湯船の中でマッサージしてみてください。

お風呂掃除は必須になってしまいますが、お風呂上りのお肌はしっとり、お風呂上りは他のことに時間が使えて時短になります。オススメはリンパマッサージ。セルライトケアなど、もみほぐしをしたい人はお風呂上りにしてくださいね。

●お風呂上りの保湿に

入浴してお肌が柔らかくなった後、体を拭く前にオイルで保湿をして、タオルで優しくポンポンと水滴を拭き取ります。冬の間、毎日筆者が行っていたボディの保湿です。ただし、足裏は滑りやすいので気をつけて!

 

気になる頭皮のニオイにも

●頭皮マッサージに

シャンプー前、オイルを指先になじませ、頭皮マッサージをしてみてください。頭皮の皮脂を浮かせて取り除けば、気になるニオイケアに◎。また、頭皮が柔らかくなるとリフトアップも期待できます。湯船で体を温めている間に行うと時短に。

●髪の乾燥にも

タオルドライした後の髪に薄くオイルをつけると広がりを防いでくれます。パサつきが気になる人にオススメです。

 

オイルにもたくさんの種類があって、どれを選んでいいか迷ってしまう人は、まずは“ホホバオイル”がいいと思います。人の皮脂の構造と成分が似ているといわれ、肌なじみが良く、サロンでもよく使われるオイルです。抗酸化作用もあり、エイジングが気になる人にもぴったりです。

マッサージ以外にも使い道が多く、オイルを1本持っていると便利ですよ。ぜひお試しください。

【画像】

※ EasterBunny / shutterstock

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」