GATTA(ガッタ) > Beauty > ダイエッターに朗報!一瞬で小顔に見せる「すっきりメイク術」3つ
ダイエッターに朗報!一瞬で小顔に見せる「すっきりメイク」3つ
beauty

ダイエッターに朗報!一瞬で小顔に見せる「すっきりメイク術」3つ

2018.06.04 21:30

ある日ふと鏡を見ると、「あれ、私太ったかも……」と感じることはありませんか? 太ってはいなくとも、顔がむくんでいたりして、ふくよかに見えてしまうこともありますよね。

とはいえ、顔のダイエットはなかなか難しいもの。そこで今回はキツいトレーニングを頑張らなくても、“一瞬でスッキリしたフェイスラインに見せるメイク”を、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

1:「ツヤ」は中心に集める

今季は“濡れツヤ肌”といった、まるでお風呂上がりのような肌がトレンド。ですが、そのツヤが顔を大きく膨張させる原因となる場合があるんです。

そこでツヤ肌のつくり方を少し工夫してみましょう。ツヤは顔全体に広げてしまわず、ポイントとなる箇所に点で置くことを意識。また、なるべくハイライトを置く位置を顔の中心にすることで、重心が中央に集まるので大顔に見せることを防いでくれます。

目頭と鼻頭の間、鼻頭、目下の黒目外側から目尻あたり、くぼんでいるところすべてにハイライトをのせましょう。そうすることで、膨張を防ぎながらナチュラルな濡れツヤ肌ができあがります。

 

2:目元も中心に集める

顔をスッキリ見せるためには、 ベースメイク以外のポイントメイクも“中心に寄せること”を意識しましょう。

例えばアイラインなら、目頭に切り込みラインを入れて目を中心に寄せます。顔の重心が真ん中に集まることにより、横に広がって見えていた顔をスッキリ見せる効果に期待できます。

“いかにも”な残念メイクにならないために、できればブラウンのペンシルアイライナーをセレクトしてください。さらにインサイドラインにすることで悪目立ちもせず、よりナチュラルな仕上がりに。洗練された大人を目指すなら、“ブラウンのペンシルアイライナーで、インサイドラインの切り込みを入れること”が重要なポイントとなります。

 

3:フェイスラインにシェーディング

顔をほっそり見せたいときは、大胆にシェーディングを入れていきましょう。

ただ、フェイスラインにのせていくため、カラーのセレクトは慎重に行うこと。なぜなら、濃すぎるフェイスパウダーだと、抜け感のないばっちりメイクになってしまうからです。

ベージュ系の肌なじみのよいカラーをセレクトすれば、テクニックいらずでシェーディングを入れることができますよ。ふっくらしやすい頬のあたりは、しっかり影をつくりスッキリさせていきましょう。

 

フェイスラインのたるみやむくみを、セルフマッサージですぐに解消するのはなかなか難しいですよね。そんなとき、メイクなら誰でも簡単に、そして一瞬にしてお顔をスッキリ見せることが可能。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 「スッキリ脚やせ」を目指すストレッチ!

※ 「パーマがとれる」NG習慣&長持ちテク

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」