GATTA(ガッタ) > Hair > セクシーな濡れ髪も?「ワックス・スプレー・ジェル」使い分けのコツ
hair

セクシーな濡れ髪も?「ワックス・スプレー・ジェル」使い分けのコツ

2018.05.20 22:00
出典: Shutterstock

ヘアアレンジに使うスタイリング剤といえば、スプレーやワックス、ジェルとさまざまな種類があり、どれを選べばよいのか悩みますよね。

よく分からず、好みの香りだけで選んでいませんか?

スタイリング剤には種類によってそれぞれ特徴があり、仕上がりの質感もさまざま。

今回は美容ライターが3種類のスタイリング剤の使い方をご紹介します。

 

雨の日も心強い!キープ力抜群な「スプレー」

せっかく時間をかけてセットした髪型も、雨が降る外に出た瞬間、崩れてしまった……という経験がある方も多いのではないでしょうか? 髪の毛にとって湿気は大敵。

そんな憂鬱な雨の日に大活躍するスタイリング剤がスプレーです。

もともとキープ力が特徴のスプレーですが、最近はエアリー感を出しつつ、しっかりスタイリングをキープしてくれるタイプも多く登場しています。

ガッチガチになりすぎず、セットした髪型をキープできるのはうれしいですよね。

また、他のスタイリング剤と違い、霧状のスプレーはふりかけるだけでよいので、手先が不器用な方にとって使いやすさも魅力的でしょう。梅雨に向けて準備しておくのもよさそうです。

 

自然な無造作ヘアを叶える、変幻自在な「ワックス」

出典: Shutterstock

髪の毛にクシャクシャともみこみながら使うと、無造作ヘアができあがるワックス。

髪の根元から立ち上がらせるようにワックスを塗ることで、かきあげ前髪もセットしやすくなりますよ。

毛先に動きをつけたい場合は、指先に少量のワックスをとり、ねじるようにワックスを塗ることで、束感を生み出すことも可能です。

また、アップヘアにしたいときは、ワックスをつけながらセットすると髪の毛が崩れにくくなりますよね。

ひとつワックスがあるだけで、普段のセットから、まとめ髪のヘアアレンジなど、さまざまなシーンで役立ちます。

 

つやっぽい濡れ髪は「ジェル」におまかせ

一見、濡れているのかと思うようなウェットな質感にすることができるのがジェルの魅力です。

お風呂上がりのような質感がセクシーさを引き出してくれますよ。

また、ロングヘアや髪の量が多い方は、ジェルを使うことでボリュームダウンし、まとまりやすくもなります。

髪の根元につけすぎてしまうとボリュームが出にくいので、あくまで毛先や中間あたりまでを塗ることを意識するとよいでしょう。

 

今までなんとなく香りだけでスタイリング剤を選んでいたという方も、これからは特徴に合わせて選んでみてくださいね。

【画像】

※ Syda Productions、mirela bk / Shutterstock

【おすすめ記事】

※ なぜかペタンとする…「ショートヘア」のお悩み解決テク3つ

※ 時間がない朝に!簡単なのに「こなれる」ヘアスタイリング術3つ

紫外線ダメージには負けない!夏のケアってなにが正解?(PR)