GATTA(ガッタ) > Leisure > ビーチじゃなくて…料理教室!? 「バリ島」のツウな楽しみ方
インドネシア料理
leisure

ビーチじゃなくて…料理教室!? 「バリ島」のツウな楽しみ方

2018.05.26 20:30

みなさんは、旅行先ではどんな過ごし方をしますか? ガイドブックを片手に観光をしたり、ショッピングをしたり、レストランに行ったりするのは王道ですよね。

ですが、よりディープな楽しみ方をしたいという方は、観光だけではなくて現地の人との交流を楽しんでみてはいかがでしょうか? その一つの方法としてオススメなのが現地の方が主催する料理教室に参加すること! 観光だけでは絶対に過ごせない、貴重な体験が待っていますよ。

 

現地の文化や日常生活をより深く理解できる「朝市」

今回筆者はバリ島で料理教室に参加。本格的なインドネシア料理を英語で学ぶクラスです。

バリ島内で参加できる料理教室はいくつかありますが、筆者が参加した料理教室は、まずは地元の朝市に連れて行ってくれます。ガイドブックには絶対に載っていない、地元の人々の生活を覗き見するのは貴重な体験でした。

 

世界中の旅人との交流が楽しめる料理レッスン

日本人向けの観光ツアーではなく英語のツアーに参加することは、英語が苦手という方には少しハードルが高いようにも思えますよね。しかし大抵は少人数制のレッスンになので、置いていかれることはまずないので、安心して参加できますよ。

また、参加者の国籍は多種多様。筆者が参加したクラスには、アメリカ、ドイツ、ブラジル、チリ、カナダ、北欧と、さまざまな旅人の方々がクラスに参加していました。色々なバックグラウンドを持った人々と、料理を通した交流なんて、普通の観光ではなかなか味わえない体験ですよね。

 

新しい発見ばかりで、バリ島がさらに好きになる

インドネシア料理といえば、ナシゴレンやミーゴレンが定番。ですが、実はそれ以外にもたくさん美味しい料理があるということを学べたのは、この料理教室の一番の収穫です。

アジア料理ときくと、“唐辛子が効いていて辛い”というイメージが強かった筆者。しかしこの料理教室に参加して、これまでバリは何度も訪れていたのに無難な料理を選んできたことを後悔しました。料理名や食材に馴染みがないだけで、実際に自分で作って食べてみると、日本人の口に合う料理ばかりであることに感激!

インドネシアはいくつもの島々から成り立った国で、島ごとに料理も異なります。バリ島の料理は、日本人にも人気のココナッツオイルやココナッツミルクなどを使った料理が多く、とても食べやすいんです。旅行中に不足しがちな野菜も、バリ島の料理教室ならたくさんとれるのは嬉しいですね。

 

筆者は今回、農園が主催する料理教室に参加しましたが、他にもホテルが主催する料理教室など、さまざまな料理教室があります。ぜひバリ島旅行の際には料理教室に参加してみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 一度は行きたい!「世界の絶景」まとめ

非日常にトリップ!国内外の「旅行」特集

あってよかった…!夏の女子旅に欠かせない、ワタシのマストアイテム(PR)