GATTA(ガッタ) > Bodymake > デニムの上に乗るお肉…!「腰まわりスッキリ」を目指すポーズ
bodymake

デニムの上に乗るお肉…!「腰まわりスッキリ」を目指すポーズ

2018.05.22 21:30

ヨガインストラクターである筆者は、生徒さんの“姿勢を整えること”を一番に考えてヨガやエクササイズのレッスンをしています。姿勢の崩れは、余計な部分に脂肪をつけやすく、痩せていてもモタっとした印象をつくったり歪みの原因となることもあるからです。

細いのに腰回りに浮き輪のようにお肉が乗るのも、実は姿勢の崩れが原因かもしれません。姿勢を整えながらケアしてみましょう。

 

骨盤の後傾や、猫背は要注意

骨盤が後ろに倒れるような姿勢をしていると、体全体が倒れないようにバランスを取ろうとして、背中を丸め、首を突き出すような姿勢になりがち。腰まわりは常に丸まり、お腹が緩んだり、パンツを履いたときに腰の上にお肉が乗ってしまったりすることも。

姿勢を支える体の後背部をしっかりと使って、姿勢を整えていきましょう。

 

背中に刺激を!「シャラバーサナ」

ヨガのポーズ“シャラバーサナ”のイージーバージョンを使って、後背部にアプローチをしていきましょう。

(1)まずはうつ伏せになります。両手を背中の後ろ側で組み、両脚はかかとを揃えておきます。

(2)息を吸いながら両脚を持ち上げ、体を起こします。

(3)このとき、足を上げすぎず、腕を後ろに引っ張りすぎないようにして、背中の力を意識しましょう。

(4)頭ものけぞらせないようにして、楽に正面を見ます。

(5)15~30秒キープしたら、うつ伏せに戻ります。可能であれば、あと1~2セットおこなってみましょう。

 

腕を後ろに引っ張りすぎると、肩が引きあがり背中にうまくアプローチできなくなるので注意。また、脚を上げすぎると腰を痛めますので、これも注意してくださいね。丸まった背中を反らし、背骨に刺激を与える意識でおこないましょう。

【おすすめ記事】

※ 憧れの「太ももの隙間」をゲット!今すぐ生活に取り入れられる習慣3つ

※ 気になる「下半身全体」にアプローチ!お尻、お腹、太ももスッキリエクササイズ

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」