GATTA(ガッタ) > Bodymake > ぜい肉が下着からはみ出る…!「スッキリ後ろ姿」を目指すエクササイズ
背中から肩甲骨を動かすエクササイズ
bodymake

ぜい肉が下着からはみ出る…!「スッキリ後ろ姿」を目指すエクササイズ

2018.05.24 21:30

前から見ると痩せているのに、後ろから見るともったりした印象を持たれる。これからの季節は薄着になるので、そんな残念な後ろ姿は隠しきれないことも多々。下着からはみ出るぜい肉も背中まわりをしっかり動かしてスッキリさせましょう。

そこで今回は、ヨガインストラクターである筆者が“美しい後ろ姿”を目指すエクササイズをご紹介します。

 

「肩甲骨」を背中側へおさめる

背中が丸まると、肩甲骨周りの動きが悪くなりがちに。また、肩甲骨からつながっている二の腕にも余計なお肉がつきやすくなり、その結果後ろ姿がもったりとしてしまいます。「ノースリーブは苦手……」という方は、ダイエットや二の腕ケアも大切ですが、まず肩甲骨周りをしっかりと動かすと良いかもしれませんよ。

普段の立ち姿勢も、肩を前側へ出すような姿勢ではなく、両ひじが前へ向くように、肩を後ろへ回転させ、両肩甲骨を引き寄せた姿勢を意識してください。このとき、胸は突き出さないようにすることが大切です。

 

背中から肩甲骨を動かすエクササイズ

(1)四つ這いの姿勢になります。両脚は腰幅、両手は肩幅に開いておきましょう。

(2)両手で床をしっかりと押して、肩甲骨から腕で体を支えるようにします。

(3)腰も反らないようにして、体を丸太のようにまっすぐに保ちます。

(4)息を吸いながら体を右にひねり、右腕を天井に向けて持ち上げていきましょう。このとき、あばらの横・背中・肩甲骨の動きをしっかりと意識します。

(5)5秒程度キープしたら、四つ這いの姿勢に戻ります。

(6)(4)、(5)を5~10回程度繰り返し、反対側も同様に行います。

(7)終えた後は、楽な姿勢で肩周りや腕を揺すったりしながら、緊張した体を緩めましょう。

 

地味にきつい動作ですが、しっかりと背中周りを動かして柔軟性を取り戻し、ノースリーブの似合う後ろ姿を目指しましょう。

【おすすめ記事】

※ 手抜き感ナシ!「時短アイメイク」テク

切らずにできる!「前髪アレンジテク」3つ

いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」