GATTA(ガッタ) > Bodymake > すっきり腰を取り戻す!4STEPで「くびれ」を目指すセルフマッサージ
bodymake

すっきり腰を取り戻す!4STEPで「くびれ」を目指すセルフマッサージ

2018.05.16 21:30

最近、ウエストがゴムの服ばかり着ていませんか? 着心地も良くて楽ですが、お腹周りのメリハリがなくなったことに気づきにくく、いつの間にかくびれがなくなってしまうかもしれません。

自分の裸のボディラインを鏡でチェックしていない人、ぽっこりお腹が気になっている人、くびれが失われつつあるかもしれませんよ。

今回は、エステティシャンの筆者が、夏に向けてくびれを目指すマッサージをご紹介します。

 

STEP1:まずはバックから!

浮き輪肉のつきやすい、ウエストとヒップの間からほぐしましょう。四角いお尻の上部が削れると、ウエストがぐっと細く見えますよ。

ウエストとヒップの間と、ヒップの割目より上の両側、くぼんでいる部分のあたりをほぐします。

手をグーにして、第2関節で上下にこすります。痛い人は手のひらを使ってもOK。

 

STEP2:両手を重ねてヒップの上部をほぐす

膝立ちになり、ヒップの上部にあるくぼみをほぐします。

両手を重ねて、後ろから前にもってくるように、横向きにほぐします。手のひらの付け根をくぼみにあてて、気持ち良い強さでおこないましょう。

 

STEP3:ウエストを削る!

両手をウエストのラインにあて、背骨からおへそに向かってお肉を集めるように、ウエストを流しましょう。

ウエストを削るイメージでやってみてください。

 

STEP4:いらない物を捨てる

最後は、不要なものを捨てるつもりで、みぞおちから下腹部に向かって上から下に流して終了です。

 

お腹のマッサージなので、空腹時と食後は避けましょう。無理は禁物です。湯船の中かお風呂上りにオイルなどをつけておこなってくださいね。

【おすすめ記事】

※ 5日間集中!パンツが似合う「引き上がったお尻」を目指すエクササイズ

※ 猫背の人は要注意!? すっきり二の腕&背中を目指す「毎朝15回の習慣」

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からだの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」