GATTA(ガッタ) > Interior > 諦めるにはまだ早い!狭い部屋をすっきり広く見せるアイデア4つ
interior

諦めるにはまだ早い!狭い部屋をすっきり広く見せるアイデア4つ

2019.02.16 21:30

「広々とした部屋で暮らしたい!」と思うのは、誰でも共通する願いかもしれません。

しかし、部屋が狭いからどうしようもないと諦めている人が多いのも事実。

そこで今回は、狭い部屋をすっきり広く見せるアイデアを、整理収納アドバイザーのmaikoさんに教えてもらいました。

#収納 記事もチェック!

 

1:不要なものを整理する

狭い部屋をすっきりと広く見せるためにするべきことは、不要なものを整理すること。

どんなに広く見える工夫をしたとしても、不要なものがあっては、いつまでたってもすっきりすることはありません。

まずは、部屋から不要なものを取り除き、それからすっきり広く見える部屋づくりをしていきましょう。

 

2:生活感のあるものを隠す

不要なものを整理したら次は、生活感のあるものを出しっぱなしにしないことが大切。

生活感のあるものが目に入るだけで、部屋はごちゃごちゃした印象になり、狭く見えてしまいます。

きちんと定位置を決めて、見えないように収納するようにしましょう。

出したままにしておいたほうが便利なものはカゴにまとめ、インテリアの一部にすることで、生活感が出にくくなり、部屋をすっきり広く見せることができます。

 

3:背の低い足付きの家具を選ぶ

背の低い家具を選ぶこともおすすめ。

背の高い家具は、収納量も多くなるため、一見部屋をすっきり広く見せることに貢献してくれそうですが、背の低い家具に比べて圧迫感は避けられません。

ほかにも、床の見える面積を多くすることも効果的。

足付きの家具は、床の見える面積が増えるため、さらに部屋を広く見せることができます。

 

4:インテリアは壁面やつり下げアイテムを取り入れる

インテリアとして飾る雑貨は、場合によってはごちゃごちゃした印象になってしまい、部屋を狭く見せてしまうことも……。

筆者は、壁面を使ったインテリアをおすすめします。ポスターやアート、ファブリックパネルなどの壁面を使ったインテリアは、部屋のスペースを狭めることなく、おしゃれな部屋づくりを叶えてくれます。

また、つり下げるインテリアを取り入れることも◎。モビールやドライフラワーをつり下げて飾ることで、空間に奥行きが生まれ、部屋を広く見せてくれる効果が。

 

部屋の広さそのものは変えることができなくても、工夫次第で部屋をすっきり広く見せることはできるんです。

「部屋が狭いから……」と諦めずに、工夫をしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

クローゼットを使い切る簡単アイデア

収納のプロが教える「インテリア」3つのコツ

散らばる小物がスッキリ収まる100均グッズ3つ

冬こそ知りたい「クレンジング」の選び方(Sponsored)