GATTA(ガッタ) > Bodymake > 憧れの「太ももの隙間」をゲット!今すぐ生活に取り入れられる習慣3つ
bodymake

憧れの「太ももの隙間」をゲット!今すぐ生活に取り入れられる習慣3つ

2018.05.14 20:00

太ももの隙間からうしろの景色が見える脚。多くの女性の憧れですよね。しかし自分の脚を見てみると、太もも同士ピッタリとくっ付いていて隙間どころではない……、とガッカリしてしまう人も多いかもしれません。

では、この“太ももの隙間”はどのようにしたらできるのでしょうか。

そこで今回は、日常生活のなかで実践できる、太ももの隙間を作る方法を紹介していきます。

 

「内転筋群」が衰えると太ももの隙間がなくなる?

左右の太ももがピッタリとくっ付いていて隙間がない人の多くは、太ももの内側の筋肉・内転筋群(短内転筋・長内転筋・大内転筋など)が衰えているかもしれません。

これらの筋肉は、両方の太ももをお互いに引きつけるときに強く働くもの。意識的にトレーニングをしないと衰えていって内ももがプヨプヨになり、太ももの間の隙間がなくなってしまうことも。

立っているときや座っているとき、左右の太ももを引きつけてみてください。思ったように力が入らなかったり、力を入れているのにプヨプヨしていたりする人は、内転筋群が衰えている可能性大です。

 

太ももの隙間以外にも…内転筋群が衰えるとどうなる?

内転筋群の衰えをそのままにしておくと、太ももの隙間がなくなるだけでなく、下記のような状態になる恐れも。

(1)股関節や太ももを引きつける力が弱まりO脚になる

(2)股関節が正常な状態で維持されにくくなり、下肢の血行が悪くなる

(3)姿勢が崩れて骨盤の歪みの原因になる

(4)歩く力が弱まる

 

日常生活に取り入れられる内転筋群トレーニング

最後に、毎日の生活の中に無理なく取り入れられる内転筋群のトレーニング方法をお伝えします。

(1)立っているときも座っているときも、左右の太ももを引きつけるように意識して、脚をしっかりと閉じる。

(2)ハイヒールや先が細くなった靴は前もも・外側の筋肉が使われがちなので、フラットシューズを履く日を設け、足裏をバランスよく使って歩くようにする。

(3)床に仰向けになったら脚を垂直に持ち上げ、開く~閉じる動きを20回繰り返す。

筋力に自信がなければ、初めは壁に脚を寄りかけた状態でおこなっても構いません。無理のないところからスタートし、徐々に負荷を大きくしていきましょう。

 

内転筋群が鍛えられると、内ももがスッキリとしてきます。「太ももの隙間が欲しい」という人は、ぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 5日間集中!パンツが似合う「引き上がったお尻」を目指すエクササイズ

※ 猫背の人は要注意!? すっきり二の腕&背中を目指す「毎朝15回の習慣」

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)