GATTA(ガッタ) > Interior > 衣替えをスムーズに!出し入れしやすい「クローゼット」のつくり方
interior

衣替えをスムーズに!出し入れしやすい「クローゼット」のつくり方

2018.05.13 21:30

あっという間に夏が近づき、沖縄はいよいよ梅雨入り。衣替えのためにすでにクローゼットの中を整理された方も多いと思います。

しかしこの時期、入れ替えるのは衣類だけではありません。バッグや羽織りものなどの小物、寝具もそうです。

そんな季節の変わり目のクローゼット内の入れ替え、「あー面倒くさい!」とついつい手をつけられずにいませんか? そこで今回は、クローゼットに入っている代表的な物を例にして、出し入れしやすい収納方法をご紹介します。

 

「寝具」は積み上げ厳禁!

かつて寝具といえば、押し入れの下から順々に積み上げて収納するのが当たり前でした。しかし、この“ただの積み上げ”は、必要なものを引き出すために上に乗っているものが崩れたり、実際はとても出し入れしにくいといえます。

寝具は収納用ケースに入れてからしまえば、一番下のものでも引き出しやすくなります。

そしてスペースがあれば、縦に立てて収納することが最もオススメです。他の物をどかすことなく、必要なときにサッと取り出せるストレスフリーな寝具収納ができますよ。

 

定位置確保で入れ替えるだけ

クローゼットがごちゃつく要因の1つとして、“季節外れの小物類の置き場が定まらない”ことが挙げられます。そこで、オフシーズンのグッズも定位置をしっかり確保しておきましょう。

そうすれば、たとえば春から夏へ季節が替わったときには、夏物を“オフシーズン用ボックス”から取り出し、ボックスの空いたところに春物を入れることができます。このように、シーズンごとに入れ替えるだけの作業にすれば、手間がなくスムーズです。

 

そしてやっぱり「吊り下げ収納」が最高

そして衣類は、写真のような“吊り下げ収納”がやはり人気。

スペースや手持ちの衣類のデザインにもよりますが、一目で全て見渡せて、オフシーズンとの入れ替えも簡単。最近のハンガーは、滑りにくい素材であったり、セーターなどの衣類も肩が出ない工夫がされていたり多種多様なので、大抵の衣類はハンガーにかけて“吊り下げ収納”がしやすくなりましたね。

手前にオンシーズンの衣類を手に取りやすく配置、奥にオフシーズンの衣類。という風に収納すれば、衣替えも簡単。

衣類を吊り下げる収納をすると「オフシーズンの衣類のほこりが気になる!」という場合もあると思います。そんなときはまとめて収納できる防虫カバーや、見やすいように一枚ずつ入れられるほこり除けカバーも手軽に手に入るので利用しましょう。

 

最近は衣替えはしなくても服を厳選することで、1年中スムーズにコーディネートできるクローゼットにされてる方もいらっしゃいますね。しかし一方で、衣類が多く整理しきれていないために、日々のコーディネートに時間がかかってしまう方も。

そんな風に感じたなら、それはやはり“シーズンごとの衣替えが必要”ということです。

出し入れしやすい収納法で衣替えを手軽にすませ、オンシーズンとオフシーズンの服がわかりやすいクローゼットで、日々の身支度をスムーズにしたいですね。

【オススメ記事】

※ 買ってよかった!無印良品の「万能アイテム」を使った収納テク3選

※ 自分史上最高のキッチンに!収納グッズを買うより簡単なスッキリ整理術

※ あってよかった…!夏の女子旅に欠かせない、ワタシのマストアイテム(PR)