GATTA(ガッタ) > Interior > 無印良品の意外な活用法!スッキリ一気に片付く驚異の「ケーブル収納術」
interior

無印良品の意外な活用法!スッキリ一気に片付く驚異の「ケーブル収納術」

2018.05.16 21:00

無印良品の人気アイテム『ファイルボックス』。幅広い用途で使用できる優秀なアイテムです。主には収納のために使用しますが、すっきりした見た目を生かして、筆者はケーブルボックスとしても活用しています。

そこで今回は、無印良品のファイルボックスを使った“ケーブル収納術”をご紹介します。

 

人気アイテム「ファイルボックス」

愛用者の多いファイルボックス。重ねて収納できることや洗える素材で、幅広い使い方ができる人気の商品です。サイズ展開もあり、さまざまな収納に使用することが可能です。

筆者も、キッチンや洗面所などの水まわり、パントリーやクローゼットなどといったさまざまな収納場所で活用しています。

そして今回、筆者がケーブルボックスとして使用したのは、『ファイルボックス・スタンダードタイプ1/2』です。

 

ケーブルボックスとして

こちらは充電ステーションとして活用している、ワークスペースのコンセントまわりです。ごちゃごちゃしたケーブルは見た目の問題だけでなく、ホコリが溜まりやすくなるなどの不都合も起こります。これらをすっきりさせるべく、筆者が思いついたのが、ファイルボックスでした。

注目したのは、ファイルボックスのサイドにある穴でした。ケーブル類をファイルボックスに収納し、こちらの穴からケーブルの端子を引っ張り出すことができるのではないかと思ったのです。

結果は、大成功!

このように、ファイルボックスを横に倒し、5個口のコンセントタップを収めています。ファイルボックスの長さからすると、5個口以上のコンセントタップでも収まる余地がありそうです。

そして、壁側に寄せればケーブルボックスの完成です。ケーブルがむき出しの状態とは雲泥の差ですね。見た目もすっきりし、掃除の手間も省けるのではないでしょうか。

 

「ファイルボックス」の魅力

ケーブルボックスなる商品もありますが、大体の商品が1,000円以上であることを考えると、このファイルボックスは390円とコスパもよく、シンプルなケーブルボックスを探している場合には、十分といえるのではないでしょうか。

取り付けも簡単なうえ、部屋のインテリアを邪魔しないシンプルなデザインなので、手軽に取り入れることができます。

 

シンプルな箱型のファイルボックスは、アイデア次第でさまざまな使い方ができるアイテムです。上手に活用して、すっきりした収納、スムーズな暮らしに役立てたいですね。

【おすすめ記事】

※ 買ってよかった!無印良品の「万能アイテム」を使った収納テク3選

※ 自分史上最高のキッチンに!収納グッズを買うより簡単なスッキリ整理術

※ あってよかった…!夏の女子旅に欠かせない、ワタシのマストアイテム(PR)