GATTA(ガッタ) > Bodymake > 運動嫌いも大丈夫!スキマ時間に「姿勢美人」を目指す体幹トレーニング
bodymake

運動嫌いも大丈夫!スキマ時間に「姿勢美人」を目指す体幹トレーニング

2018.05.13 20:00

歯を磨いているとき、ただぼーっと立っているのがもったいないので、筆者はこういうスキマ時間に軽いストレッチやエクササイズをするよう心掛けています。毎日最低でも2回は歯を磨きますよね。そのたびに何らかのボディケアを積み重ねていけば、体も徐々に変化していきます。

このように、スキマ時間のトレーニングは忙しい方や、運動嫌いの人こそ取り入れてほしい習慣です。そこで今回は、ヨガインストラクターである筆者が、歯磨き中にできる体幹トレーニングをご紹介します。

 

片足を上げるだけ。お腹の力をつけよう

ご紹介する簡単トレーニングでは、姿勢を維持する筋力をつけることができます。姿勢が悪くなると、お腹がポッコリ出てきたり、背中にぜい肉がついたり、脚がむくんで太くなったりと、悩みが増えがちに。

そこで、歯磨き中の3~5分の間で、姿勢を維持する筋力をつけ、体型の崩れをカバーしていきましょう。

 

片足あげ簡単体幹トレーニング

(1)両脚を腰幅程度に開きます。お尻全体に軽く力を入れ、骨盤を床に対して真っ直ぐに立てましょう。

(2)重心を右脚に乗せます。内くるぶしの真下あたりに体重が乗るようにして、太ももの内側の筋肉を使って立てる位置を探しましょう。

(3)左ひざを曲げ、脚の付け根あたりまで持ち上げ、力を抜きます。

(4)胸の下から下腹部までのお腹全体で脚を持ち上げ、支える意識を持ちます。

(5)右脚の重心を置く位置がぶれないように気をつけながら、上げた足の反対の手で歯を磨きましょう。

(6)1分程度キープします。

(7)脚を変え、歯ブラシを逆手に持ち替えてさらに1分キープします。

(8)歯を磨いている間中、交互に行いましょう。

 

慣れるまでは、お腹の力が弱まったり、重心がぶれたりします。その場合は30秒からチャレンジ。脚を上げる位置も少し下げて、できるところから始めてみてくださいね。体の使い癖を正す効果も期待でき、オススメです!

【オススメ記事】

※ 5日間集中!パンツが似合う「引き上がったお尻」を目指すエクササイズ

※ 猫背の人は要注意!? すっきり二の腕&背中を目指す「毎朝15回の習慣」

※ いよいよ夏本番!今こそやるべき「夏美容」の簡単3ステップ(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」